FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010


源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉
富山県南砺市川西588-1

ふくみつ華山温泉
(北陸新幹線金沢駅送迎あり)
(JR北陸本線高岡駅で乗換→JR城端線福光駅下車)
要予約・条件あり


夕食は2階のダイニング華です
夕食時間はチェックインの時に決めます
私達は消灯の時に胃がもたれると熟睡できないので
なるべく早い時間を選びます
お部屋は201号室なのでダイニングまでは直ぐです
予約時間にお部屋に連絡があったりお迎えがあったりは無いので
時間になってからダイニングへ参ります


ダイニング華の入り口です


入口で部屋番号か名前を言いますと席に案内してくれます
先に進むと大きな水槽があります
前回は越前ガニが何重にも上に乗って水槽内を歩いていました
今回は真鯛や鱸が優雅に泳いでいましたがその内。。。
どなたかのお腹に消えちゃうんだろうなぁ


調理場がガラス張りになっているので板場の様子がわかります
板場が見えると言うことは綺麗にしてなければならないので
自信があるってことでしょうね


個室と言うよりも個室風とでも言いましょうか~
全くお隣の席がわからない訳ではないけれど
程よく姿が見えないので気にすること無く気は楽です


鮍(カワハギ)というお部屋です
魚の名前がついているようです


席に案内されて暖簾をくぐってテーブル上をみましたら
時間に合わせて食事の用意がほぼ出来ていました


おしながき




健康ジューズ グリーンスムージー
前回の宿泊の時にもありましたが
青臭いかなぁと思いましたが飲みやすかったです
野菜嫌いな人でも飲めるって感じ(^^)/


アルコール類も豊富です






私はいつものように赤ワインです
地元の葡萄を使った立山ワイン
中々口当たりがよかったです


秋刀魚と蓮根のテリーヌ 帆立の雲丹焼き
ほうれん草 野菜煎餅 梅肉ソース


富山三宝寿司
一口サイズです


津和井蟹東寺蒸し
蟹餡かけ ふり柚子


湯葉と共に蟹がごろごろ蟹足身も何本も~
とろ~とすすってしまいます


寒ブリ大根梅煮


大根はとても軟らかく程よく味が染みていて最高!
丁寧に料理されていることがわかります


北陸の冬のお味の一皿です


蟹すき鍋
私は蟹は嫌いではないけれどだからって好きでもありあせん
だって蟹をむくのが苦手で。。会話も無くなって食べるのに追われるしねぇ~
他の鍋の方が好きです。。って贅沢な話ですねm(__)m


出汁は醤油ベース
まずは白菜なので火が通りにくいお野菜から
次に蟹を。。。
そして食べる寸前に青みの春菊や茸などを~


かんずり
辛味が好きな人には食べるときに付けて味わってね~


蟹すき鍋の出汁を作って雑炊を作りました
雑炊を食べるときにはスタッフさんに声をかけると卵の用意をしてくれます


出汁でご飯が膨れ上がらないくらい
さらっと作りました
もたもた食べているとお米がふやけておじやになっちゃいます(+o+)


黒毛和牛菊池ロースト焼き


フレンチのような盛り付けで見ていても色華やかです


ローストビーフの下にはマッシュポテトが隠れてる
共に味わうのも良し それぞれ味わうのも良しです


玉ねぎはしっかりと焼かれて甘みが一層わかります
とろけるような玉ねぎです


地魚ときとき盛り合わせ
真鯛 大トロ 鱸 甘エビ 寒ブリ


漬物盛り合わせ
漬物が大好きな私はたっぷりと食べられるので嬉しいなぁ!(^^)!


福光産のこしひかり 十六穀米 
おかわりは自由です
お好きな方をどうぞ~ですが私達はこしひかりで雑炊を作って食べました


十六穀米
見るからに体に良さそうですね


椀汁は3種類 赤だし 蟹汁 あら汁
3種類全部味わってもいいですよ~
こちらも食べたいだけご自分でどうぞ~です


私達は満腹で椀汁を飲むことが出来ませんでした
こちらは蟹汁です


飲物はフリードリンクです


オレンジジュース 林檎ジュース ウーロン茶


ハーブティー類 紅茶


珈琲


デザート
林檎コンポートアングレーズソース 苺のシャーベット

クレーム・アングレーズ(仏: Crème anglaise)は、デザートソースのひとつ。
名称は「イングランドのクリーム」の意。カスタードソースの一種。菓子や果物に添えて供する。

一般的な製法としては、
1.砂糖40g、牛乳500cc、バニラ豆一本を鍋に入れ、沸騰寸前まで温める。
2.ボールに卵黄4個、砂糖60gを入れ、白くなるまでよくかき混ぜておく。
3.2)に1)を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、別のボールに漉し入れる。
4.3)をボールごと湯煎にかけ、ボールの底と周囲を絶えず混ぜながらなめらかになるまで火を通す。
5.4)をボールごと冷水につけて、粗熱を取る。

カスタードクリーム(クレーム・パティシエール)と材料、
製法はほぼ等しいが、小麦粉が入らないためとろみが少ない。





珈琲はお部屋にカップに入れて持ち帰ることが出来ます
それからロビーでも22時ころまではジュース類や珈琲を自由に飲めます


***********
朝食

朝食も同じ席でです
予約した時間になりましたらダイニングへ参ります
朝食の絵でお料理の紹介をしています
この絵があるだけで一層美味しく食べることが出来ますね


おしながき






アサイー豆乳スムージー


朝から牛の蒸し鍋


席に着くとスタッフさんがお鍋に着火してくれます
朝からお肉など食べられないよぉ~と思うけれど
これが意外にあっという間に食べちゃえる
不思議~(+o+)


ポン酢であっさりと下にひかれているレタスも肉汁がついて美味しいのぉよ~


ふわふわの地鶏有機卵出し巻き玉子
見るからにふわふわでまた黄色が鮮やかです
湯気がたっているのぉ


ほうれん草のお浸し


鰤焼き 生姜レモン添え


豆乳野菜鍋 小さなお餅が入っていてこれまた旨い!!






手作りの辛子豆腐


山海宝石こぼれ箱


赤い宝石のいくら 大きなボタン海老 金粉がキラキラ♪
本当に宝石箱だわぁ(^^)/


富山米 羽釜炊き飯


お釜の下の方にはおこげがあります
子供の頃は競っておこげを食べました
これを使って焼きおにぎりを作ると本当に旨い!
熱々の物にほんの少しお醤油をさして食べるのも良しです


ご飯の上に山海宝石こぼれ箱の具をのせるとマイ海鮮丼が出来上がります
楽しみながら朝食が出来ますね


麹の効いたお味噌汁
好きなだけセルフサービスです


とろろと葱の海の香りがするお味噌汁です


十六穀米のお粥もありました


グレープフルーツゼリー
甘酸っぱくて口の中がすっきりしますね


セルフコーナーから〆の珈琲です
ご馳走様m(__)m

源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉さん、私なりのまとめ
高台にある一軒宿のふくみつ華山温泉は今回で2回目です
1回目の宿泊の時に中々いいお宿だなぁ~と思い
お正月に北陸の海の幸を味わいたくてお邪魔しました
駐車場はお宿の玄関前です
出迎えはありません
フロントへお顔出しするとロビーへ案内されて
そこでお茶をいただきながらのチェックインです
ウエルカムドリンクにはビールもあって男性は嬉しいかも~です
館内の説明や食事の時間などを聞き浴衣を夫婦それぞれ選んでから
各自でお部屋へ参ります
蓑津はチェックイン手続きの時にスタッフの方がお部屋へと運んでくれます

お部屋は本館の2階で大浴場へ行くのにもダイニングに行くのにも近くて助かりました
お部屋は和洋室で炬燵もあります
綺麗に掃除されて茶系で統一されていて落ち着きます
内湯は無くシャワー室のみですが私達は大浴場が好きなので気になりません

前回宿泊した時には砂風呂があったのですが今回は改装したのかありませんでした
しかし前回は大浴場利用が24時間ではなかったと思いますが
今回は24時間源泉かけ流しの大浴場を利用することが出来ました
湯量も豊富で身体の芯まで温まれる優しい湯です
チェックインの時に1回無料の貸切風呂の予約が出来ます
前回利用した貸切風呂はリニューアルされていて寝湯が増設されていました

お食事は朝夕共に2階のダイニングです
お部屋からも近く便利でした
お食事内容も前回は殆ど食べきれない量で勿体ないなぁ~と印象でしたが
今回も多いのは多かったですが前回ほどではなく満足いく量でした
どれも丁寧に作られて見ても綺麗です
板長さんが一部屋一部屋ご挨拶に現れます
自信があるってことなのでしょうね
ご飯やお味噌汁はセルフで多く召し上がる男性には気を遣わず嬉しいでしょうね
セルフのドリンクも嬉しいです
お部屋に珈琲を持参できることもありがたいです
朝食も朝から美味しいお肉が出たりで豪華です

お宿のスタッフさんはとても親切で優しいです
だからと言って程よい距離を保ってくれます
皆様のご意見を聞き常に進化していくお客様の立場に立って
サービスに心がけているお宿だと思います

また出かけたくなるお宿の一つです

チェックアウトの時に飴をいただいました
飴には「ありがとう」と書かれてありました



源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉さん、お部屋の情報は→こちら


源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉さん、温泉の情報は→こちら


源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉さん、前回のお料理は→こちら


独り言
入院している主人は日に日によくなっていましたが
昨夜から熱が39度以上もあります
今日も下がっていません
インフルエンザかな?と先生が検査したけれど
インフルエンザではありませんでした
体力が無く食事を取り始めたのはいいけれど誤嚥での熱のようです
レントゲンを撮り食事も中止、リハビリ歩行も中止 
また点滴で栄養を取ることになってしまいました
私の顔を見ては「お寿司が食べたいなぁ~アイスクリームが食べたいな~」と
テレビを見ながら美味しそうな番組を見ると生唾を飲んでいます
食べることが大好きな夫。。かわいそうね
あぁ~退院はいつの事やら~



にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト



Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  

家族で温泉旅行に行きたい!と思い、宿を探している時に、偶然このブログを見つけました(^^)
丁寧な文章で、お手頃な宿がたくさん紹介されており、旅行サイトの口コミより信用できそう!とおもい、再訪されている宿を中心に記事を読ませていただきました。
ブログを見て選んだふくみつ華山温泉とってもよかったです(^^)
家族でゆっくり、美味しいごはんを食べて、素敵な時間を過ごすことができました。家族からは、どこで見つけたの?と質問されたり笑
これからも、更新楽しみにしております♬

2018/09/06 (Thu) 19:53 | EDIT | REPLY |   
ゆうゆう  
ありがとう!

こんにちは!お名前はわからないけれど。。
最高のコメントを頂きとても嬉しく思います。
ここ夫婦して体調の悪い日が多くて通院回数も増えているけれど
こんな天にも昇るようなコメントを頂けて
「そろそろブログも引退しようなぁ~」と思っていた気持ちに
「もう少し頑張ってみようかなぁ~」と元気をもらえました。
多くの方で無くても少しでも私達が出かけた事がお役にたてたのでしたら
こんな幸せな事はありません
コメント。。大変励みになります
是非お暇な時間がありましたら「ゆ・you・湯」を覗いてみてください
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

コメントが遅れてごめんなさい
お許しを・・・

2018/09/08 (Sat) 10:10 | EDIT | REPLY |   
ご  
お大事になさってください

初めてコメントいたします。
(最新記事にはコメントできない?ようなのでコチラで・・・)
ご主人様が風邪だったのですね、快方に向かっておられるそうですが
治りがけ、お大事になさってくださいね。
インフルエンザも日本全国で大流行中ですし
ゆうゆうさんもどうぞお身体ご自愛くださいませ。
私は、某温泉宿を予約する際に検索してこちらのブログがヒットして以来
時々伺っています。
私も含め、コメントはしないけど読んでいる、という方が
多くいらっしゃるのではないかしら(^^)
更新、楽しみにしてますね。

2019/01/28 (Mon) 13:46 | EDIT | REPLY |   
ゆうゆう  
ご様へ

こんばんは!
お見舞いや励ましのコメントを有難うございますm(__)m
夫や私の事を気遣ってくださって年老いた私達には本当に嬉しいコメントです。
今回もインフルエンザかなぁ~と思いながらドキドキしていましたら
風邪で済んだのでホッとしています。
しかしまだまだ世の中ではインフルエンザが大流行しているようで
油断は出来ませんね。
ご様もインフルエンザやお風邪を召されない事をかけながら祈っております

「ゆ・you・湯」のブログをご覧くださっている事。。大変嬉しく思いますm(__)m
そんなに貯えがあるって訳では無いけれど
「あの世にはお金は持っては行かれないので動ける内に楽しもうね~」と言いつつ
ふらふらと出かけた事をブログに書かせていただいております。
老夫婦の励みでもあります。
大雑把な私なので誤字、脱字なども半端なく多く読みにくいとは思いますが
どうぞ「ゆ・you・湯」を末永く宜しくお願いいたします。
(夫は私が間違った誤字を見つけてはクイズのように「なんと書こうとしていたのかなぁ」と
笑いながら読み直します。)
実生活に追われているのでコメントしてくださる方々にお返事をして
その方のブログにお邪魔するって事が時間が無くて出来なくて
申し訳ないのでコメント欄を止めています。
でもでもご様のお声がけ大変嬉しかったです。
有難うございます。
なので。。長々書いてしまいました(*_*;
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

2019/01/28 (Mon) 18:49 | EDIT | REPLY |   
P子  
とーーーっても参考になりました

決めている宿の予習をしていた時に此方のサイトに出会いました。
細かい記事と写真はどの旅行サイトよりも利用者側目線に沿った内容で、その宿を知る手がかりとして最高でした。
たまたま同じ部屋を予約していますので、様々な角度から撮られた写真は正に私が知りたかったそのものズバリ!!
有難くてどこかにコメントを書き込まずにはいられませんでした。
助かりました。ありがとうございました。

2019/02/15 (Fri) 10:26 | EDIT | REPLY |   
ゆうゆう  
P子様へ

こんばんは。
どちらのお宿の予約を取られたのか分かりませんが、
少しでもP子様の旅のお役にたてたのなら、こんなに嬉しいことがありません。
1つのお宿のブログ更新をするのに、写真を選んでカットして加工して、
順番に紹介文を頭で描きながら並べて、そして文章を書いていく。。
お宿によって紹介箇所が多ければ、それだけ写真の枚数も増えて、時間もかかってしまいます。
1つお宿を更新するだけでも、時には4時間ほどかかってしまう事もあったりと
大変で投げ出したくなる事もありますが、P子様のような励ましのコメントを頂けると、
ブログを頑張っていてよかったなぁ~と思います
時間が経って少し内容が変わってしまったお宿もあるかもしれません。。
そんな時には御免なさい。
本当に励みのなるコメントを有難うございますm(__)m
素晴らしいご旅行になる事を祈っております。
まだまだこれからアップしていかなければならないお宿のストックがあります
頑張ろうと言う元気を頂けました。
どうぞ今後とも「ゆ・you・湯」を宜しくお願いいたします。

2019/02/15 (Fri) 19:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply