FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


強羅温泉 自家温泉掛け流しの宿 強羅環翠楼
足柄下郡箱根町強羅1300 

強羅温泉
JR小田原駅より小田急と箱根登山電車で55分。
終着の強羅駅より徒歩3分。東名高速道路御殿場ICより30分



予約したチェックイン時間にお宿に打擲しました
駐車場は敷地内に入って直ぐの所にあります
到着するとスタッフの方が出迎えてくれました
荷物を持っていただいて玄関へ向かいました


旧三菱財閥岩崎家の別荘を譲り受けた、創業68年の老舗旅館です。


旅館と言うよりも田舎のおばあちゃん家に来たような佇まいの玄関です
靴を脱ぎ上がります
畳なのでスリッパなどはありません
名前を告げるとそのまま担当の仲居さんがお部屋へ案内してくれました


一休みしてから玄関先へ行きました
フロントからスタッフの女性が現れて
「お写真を撮られるのなら玄関正面の戸を開けますね」と言ってくれました
寒い時期を除いてはこちらの中庭が見える戸を開けているのだそうです
わざわざ私の写真撮影の為に戸を開けてくれました




正面の玄関側を撮影しました
右側がフロントになります


フロントと反対側には応接室がありますが
チェックインされたお客様はこちらに入ることなくお部屋に案内されます


応接室


昔から使い続けてきた暖炉があります


外国から取り寄せて造られた暖炉だそうです
暖炉のタイルもその当時の物を使っているそうです
今でも使えるとのことですが
今の暖房ほどは温かくならないようで使用してないとのことでした


窓からは玄関の様子がわかります


こちらは英文のタイプです
今でも現役で利用されているとのことです


強羅環粋楼をこよなく愛している常連のお客様が来るたびに撮影されて
アルバムを作ってあるのだそうです
見事なお庭の紅葉です


雪景色


つつじの開花


歴史あるお屋敷なので色々なイベントにも利用されたようです
懐かしいお写真が玄関先に飾られてありました






将棋の対戦会場としても利用されているようです


話しを戻します
チェックイン後すぐに担当の仲居さんがお部屋へ案内してくれます
フロントから畳の廊下を進みます


硝子戸からは中庭が観られます


そして畳の廊下が終わるとスリッパが用意されています
正面が男女別の内湯になります
入れ替えがありますので両方の湯を楽しめます


畳の廊下の先には歩いてきたフロントが見えます


スリッパを履いたところは広い板の間になっていて
その周りにはお部屋や男女別の浴場があります


お風呂前の味のある灰皿と椅子
廊下のあちらこちらには寒くないようにとストーブが置かれてあります


私達のお部屋は月のお部屋です


手すりも味があります


露天風呂に向かう出入り口の横のお部屋です


月のお部屋の入口
お部屋口には鍵がかかりません
いつも開いている状態です


絨毯が引かれた廊下があります
正面が洗面ですが昔は台所の流しだったようです


小さい冷蔵庫やグラスがあります


冷蔵庫内には有料の飲物がぎっしりです
館内には自販機は無いのでこちらの物を利用するしかありません


洗面


ドライヤー 歯ブラシコップ 歯ブラシ 髭剃り ブラシ


トイレも昔の物を少し手直ししての利用です
男性用の物は取り外されて板が貼られてありました


洋式のトイレになっていました


絨毯の廊下を挟んでお部屋です
まずは2畳の間です
こちらにはお茶セットが置かれてありました


お茶セット


緑茶


その先が8畳の和室


テレビがもう少し大きければと思いました
空気清浄機もあります


お部屋で休んでいますと仲居さんがお茶の用意をしてくれました


私の大好きな湯もち
箱根湯元にお店がある有名なお菓子です


金庫とストーブ 湯沸かしポット
流しにでは湯が出ないので私達は湯沸しポットの湯を利用しました


庭側には鏡台があります


お部屋からの景色




こちらは露天風呂の出入り口側です
お部屋の縁側からも木戸を抜けて行かれます




和室の奥には洋間があります


椅子とテーブル




和室側をみました


ロッカーにはタオル類が置かれてります


ロッカー前には浴衣と帯 洋足袋


バスタオルとタオル


夕食も朝食も畳の廊下前のお食事処でした
その間にお布団の用意をしてくれます


障子の先にはガラス戸などありません
いきなり雨戸です
寒いかなぁ~と不安でしたが暖房がしっかりと聞いていたし湯にも何回も入ったので
朝までぽかぽかで心配することはありませんでした

歴史博物館のような建物で昔の人にでもなったような気持ちで1泊を味わいました


強羅温泉 自家温泉掛け流しの宿 強羅環翠楼さん、温泉の情報は→こちら


強羅温泉 自家温泉掛け流しの宿 強羅環翠楼さん、お食事の情報は→こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by