FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


をくづれ水仙郷
千葉県安房郡鋸南町大崩1399−3



1月の花と言うと水仙を思い出す
昨年は伊豆の下田の海岸の水仙を散策しました
とても見事で風に乗ってくる水仙のほのかな香りは心を癒してくれました

房総の水仙の産地 鋸南町(きょなんまち)は. 鋸南町は越前、
淡路と並ぶ日本の水仙三大産地です
12月に入るとちらほらと咲き始める可憐な水仙
をくづれ水仙郷も1月には最盛期を迎えます


無料の駐車場も何か所かありますが
お土産屋さんの駐車場が歩くのには大変便利だったので駐車しました
そこから地図でいると右上の方に進む道がお勧めだと教えても立ったので歩いて行きました


途中に八雲神社があってそのあたりが満開とお土産屋さんのお姉さんが教えてくれました


お正月とあって人は殆どいませんでした
風が無く快晴な快適な日です
風に乗って満開の水仙の香りが波のよう匂ったり消えたりとかおります


水仙にも何種類かあるようですが
こちらの水仙は一般的な水仙の様


暫く歩くと無人の販売所がありました
覗いてみると食用用の菜の花がありました
水仙の切り花は完売のようです


地元の町のバスの休憩場所があってバスの始発の停留所でもあります


可愛らしい真っ赤なバス
丁度戻って折り返し運転のよう


斜面には一面の水仙


いい香りが漂います


15分くらい歩くと八雲神社に到着です


どんなに立派な神社だと思えば素朴な神社でした
水仙のお花見に来た観光客が立ち寄るくらいで誰も居ない神社でした


初詣ではないけれど手を合わせました


歩いても歩いても道路脇の斜面に水仙が咲いているだけ。。
お土産屋さんお姉さんが「先に行くと素晴らしい景色がありますよ」とアドバイスをくれたけれど
歩けど歩けど風景は変わらず。。
主人も私も海の風景を想像していたけれど海まで相当距離があって海など見えるはずが無い
お正月から大ボケ夫婦でした(*^^)赤面。。






保田の道の駅の先にも水仙ロードがあってそこには数年前に行ったけれど寄ってみた
こちらも数人ほどの観光客しか居なかった
以前は道路脇で水仙を販売しているお爺ちゃんが数人いたけれど
今回は誰も居ないの
やっと一軒見つけたので水仙を購入しました
話しを聞けば皆さんご高齢で水仙の販売をやめてしまった方が多いとのことでした
ここでも高齢化が進んでいるよう


こちらで購入した水仙は今も我が家の玄関とリビングでいい香りがぷぅ~んとします




本格的に写真撮影にいらした親子さんは地面にはいつくばって水仙の写真を撮っていました
凄い情熱です


船主 総本店    (ふなおさ)
千葉県富津市金谷2288

営業時間
[月~金]
11:00~18:00
[土・日・祝]
11:00~20:00
毎週水曜日定休日
(祝日・繁忙時の場合営業)
定休日

毎週水曜日


店内の様子

お腹も空いたので少し遅い昼食です
混雑していて暫く順番を待ちました


入口付近には大きな水槽があって伊勢海老やサザエが居ました


そんな水槽の中にタカアシガニももぞもぞと歩いていました
「これ売り物ですか?」と尋ねたらこちらは違うとの事でした
数日前に漁に出た時に網にかかったそうです
水槽から逃げようとタカアシガニはあちこちもがいていました


伊勢海老


暫くして席に案内してくれました
回転寿司屋さんだけれど
板前さんに声をかけて全て握ってくれました
保田の地魚を食べなくちゃと主人が言うので本日水あげされた地魚を中心に味わいました




ヤリイカ


ずわいがに




烏賊げそ




白子軍艦巻き


ボタン海老






鮪中落軍艦巻き

お勧めの地魚をあれこれと何種類も食べたのだけれど
板前さんから受け取って食べた時には名前をわかっていたけれど
帰宅してブログ更新する時にはどれがどれやらわからなくなっちゃった((+_+))((+_+))
食べた地魚はアイナメ マゴチ 赤いさき 黒鯛 黒むつ カレイ 平目。。
でもね、どの地魚の美味しかったことだけはしっかりと覚えています

ご馳走様でしたm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by