FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

養老温泉 温泉旅館 川の家
千葉県夷隅郡大多喜町葛藤932

養老温泉
小湊鉄道線養老渓谷駅よりお車にて約5分



お食事はお部屋の斜め前の広い和室の個室です
片面を開けると大広間になるようになっていました
夕食準備前にこそっと撮影させていただきました
まぁ~プロパンのコンロなんて久しぶりに見ちゃいました


お飲み物のメニュー


そしてお部屋に行った時にはいくつかのお料理が並べられていました
お食事の時間はチェックインの時に女将さんに
「大体18時半ごろです、お部屋にお声がけしますね」
と言われていたので楽しみに待っていました


おしながきなどありません
お造りは鮪と厚切りのサーモン それから湯葉です
黒い湯葉は胡麻湯葉です
意外や意外で湯葉がボリュームがありました


こちらは蕨のお浸しです
自然が豊かな養老です地元で採れる蕨です




こちらの煮物は最高でした
丁寧に作られた昔ながらの優しい味の煮物です


南瓜 椎茸 筍 隠元 蒟蒻 ぜんまい


海老の塩衣焼き
食べるのに皮をむくのに手が衣でべったり~
しかし海老の旨さが封じ込められているって感じです


岩魚の塩焼き
骨まで時間をかけてゆっくりと柔らかくなるまで焼いているそうです
皮はパリッと身はふんわり~焼けています


出来立てを運んできてくれました
抹茶塩で味わいます


湯葉 春菊 茄子 舞茸


鰻の蒲焼は自信をもってお勧め出来るひと品だそうですが
私は鰻が大の苦手で。。
夫はニコニコで2人前食べていました


選べる鍋料理
1.「房州イモブタしゃぶしゃぶ鍋」
 お肉の他に、4~5種類の具材をお召し上がりいただけます。
※「いも豚」とは?
イモ類を主な餌として飼育された豚で、そのお肉は鮮度保持に優れ、
臭みが少なく、やわらかな歯ごたえと旨みが多いのが特徴です。

2.「八丁味噌イノブタ鍋」
 通常の八丁味噌をベースにブレンドした当館特製みそが、
 お肉のおいしさを引き立てます!
※「猪豚」とは?
猪豚は猪と豚を掛け合わせた品種で、
肉に臭みがなく、肉質もやわらかいのが特徴です。


でぇ。。私達は八丁味噌イノブタ鍋になりました
と言うかなっちゃいました
まぁ~私達はこちらでも美味しくて満足でしたが。。
こちらのお宿は熟年女性が仕切っています
「房州イモブタしゃぶしゃぶ鍋」が希望でしたら
予約の時に希望を書くかお邪魔した時にまずしっかり話すかでないと
八丁味噌イノブタ鍋に自動的になってしまうと思います
私達がそうでしたから。。(*_*;

大きなスライスされたイノブタがどぉ~んと富士山の雪のように野菜の上に乗っています
見るからにボリューム満点です


女将さんがまずは八丁味噌鍋を着火してくれます
少しぐつぐつとし始めたらイノブタだけを入れます
イノブタの色が白くなって火が通りましたらお野菜を入れていきます


具材は白菜 御坊 焼き豆腐 白滝 葱 白滝 エノキだけ
火がとおりにくいお野菜からお鍋に入れていきます


お野菜に火が通ったら出来上がり~です
ふぅ~ふぅ~と言って食べました!(^^)!
冬季には最高のお鍋です


そしてお味噌汁は蟹汁です
香りの物も女将さん達の手作りです



ん~ん、、私が子供の頃、、昔々は苺にお砂糖をつけて食べました
こちらでは今も昔のまま
タイムスリップしたようなデザートでした


朝食も同じ個室です
用意が出来ましたら女将さんがお部屋に声をかけてくれます
大体8時頃です


席に着くとすべてが用意されていました
ご飯はお櫃があって自分で好きなだけよそります


鯵の開き


卵。。温泉卵?かなぁ生卵?かなぁ?と
夫が卵を耳元で振りました
そして「これ生卵だよ」と。。


割って見ましたら
当たりぃ~(^^)/(^^)/
卵ご飯で食べました


しらすおろし


きんぴら


昆布


香の物3種


ご飯とお味噌汁


お味噌汁は具沢山で豆腐 なめこ 三つ葉でした
ご馳走様でしたm(__)m

養老温泉 温泉旅館 川の家さん、私なりのまとめ
お邪魔した日には自宅に夫の来客があったりと出発は遅くなってしまったけれど
それほど遠くはない養老温泉なので夕食時間までには余裕で到着することが出来ました
その上、私達を含めて3組の宿泊だったのでチェックイン後に黒湯に一人で入浴が出来ました

お宿は女将さんをはじめご年配のスタッフさんが殆どのようです
なので田舎のおばあちゃんの家にお泊りに行ったと言った雰囲気です

お部屋は窓から養老川が見える8畳の和室でした
トイレも広く使い勝手が良かったです
大変古いお宿なのでピカピカで綺麗って訳ではないけれど
館内を少しずつ直しながら経営しているって様です

温泉は男女別に2か所ありますが両方とも家族風呂のような広さで
満室の時などはきっと満足いく入浴が出来ないと思われます
私達の様に黒湯に入浴することが宿泊の理由の1番で出かけるのなら
夏休みや紅葉狩りの繁忙期 は避けて
オフシーズンなどがお勧めだと思います
黒湯は冷泉で加温しなくては利用できないけれど
とろりした身体にまとわりつくような優しい湯で
身体の芯まで温めてくれる素晴らしい湯です

お食事は田舎料理ではありますが地元の食材を利用した
女将さんをはじめご年配の方が作ってくださった心こもった丁寧なお料理です
鰻の蒲焼はお勧めの一品のようです
冬のお鍋料理は身体も温めてくれますしお野菜も豊富に食べる事が出来ます
どれも美味しかったです

場所柄養老渓谷の風景やトンネルなどを利用しての
映画撮影やテレビでの旅紹介が頻繁に行われる土地でもあります
川の家さんもトンネル脇にあるお宿なので男優さんや女優さんが撮影の時に利用されるそうです
チェックアウトの時にその時のお話も伺いました
女将さんはスタッフの方に「サインをもらったら」と言われても
「折角のお休みの所をお邪魔しちゃうようで悪いわ」と言われるほど
お客様の立場を考える優しい方です

最後に。。女将さんをはじめ皆さんはネットの口コミなど気にしない方々ばかり
ご高齢と言うこともあるのでしょうがマイウエーです
川の家さんに宿泊される方はケッセラセラの
あまり色々の事を気にしないまぁ~それでもいいかぁ~
と思うようなアバウトな人向きのお宿だと思います
湯治場だと考えると大変居心地の良いお宿です

我が家からはそれほど遠くは無いし黒湯で身体を労わってあげたい時には
オフシーズンやお客様が少ない時に気楽にお邪魔したいと思います


養老温泉 温泉旅館 川の家さん、お部屋の情報は→こちら

養老温泉 温泉旅館 川の家さん、温泉の情報は→こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by