FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

笛吹川温泉 別邸 坐忘
山梨県甲州市塩山三日市場2512

笛吹川温泉
中央自動車道 勝沼ICより車で25分



大浴場は別邸にあります
男女それぞれ内湯と露天風呂があります


本館ロビーを通って一瞬ではありますが自動ドアから自動ドアへと言う感じで別邸に移ります


別邸のお部屋前の長い廊下を進んで大浴場へ向かいます


湯上り処の応接セットがあり数段の階段を上がって男女別の大浴場になります
14時から24時までが奥側が女湯になります
その後、翌朝5時半から11時までは男湯になります
男女入れ替えがあると両方の浴場を楽しむことが出来ますね
とくにこちらのお宿は露天風呂が素晴らしいので楽しみです


まずは女湯からご紹介~♪
暖簾をくぐって進みますと下駄箱があります
皆さんそれぞれご自分のわかりやすい所に入れているようです


先に進みますと籐の長椅子があります
湯上りの飲み物を飲む時には大変便利でした


湯上り後の冷水はどこでもありますが
こちらの湯上り水には驚きでした
種類が豊富でホットもコールドもあり~ではありませんが
こんなのは初めてだぁ~(*_*;


その先には脱衣棚がL字に並び籐の籠が置かれてあります


洗面は3か所


ドライヤー ブラシ 髭剃り


綿棒 歯ブラシ コットンパフ 女性化粧品


タオルやバスタオルはお部屋から持参する必要がありません
毎回浴場に用意されているのでご自由に~♪
ただし身体を洗う長タオルはお部屋から持ってきてねぇ~(^_-)-☆


温泉成分表
源泉かけ流しで湯量は豊富です


洗面横に内湯の出入り口があります


内湯に入ってから直ぐに軽い段差があるのでかけ湯前に進む時に気を付けて~


まずはかけ湯をしてぇ~
私は簡単に洗い場で身体を流します


1人1人区切ってあるのでお隣さんのシャワーの被害にはあいません!(^^)!


シャンプー類 お化粧落としと洗顔石鹸


かけ湯


内湯から洗い場と出入口側を見ました


出入口の洗い場とは反対側には区切られたシャワーとサウナ室があります


シャワー


サウナ室
サウナは内湯よりも一時間早い23時で終了になります
私の入浴中にはどなたもサウナを利用されていませんでした


そのお隣には水風呂があります
水風呂も湯船から水が溢れ出ているのでてっきり温泉だと思って手を入れたら
ひえぇ~(*_*;水風呂でした
足を入れなくて良かったとセーフでした
湯上り後に夫にそんな話をしましたら
夫婦似た者同士です。。
夫も同じことを。。
顔を見合わせて大笑いしました


こちらが広い内湯の温泉です
温度も丁度良く窓からの景色を観ながらのんびりと入浴が出来ます


湯船には勢いよく湯が流れ込みます
向こう側で少し水量が少なく流れ込んでいるのは水ですよぉ


大きなはめ込みの温室風のガラス戸からは露天風呂が見渡せます


内湯でしっかりと温まってから露天風呂へ行ってみました
こちらの露天風呂は先に洞窟風呂があります


湯の中をバシャバシャとまずは洞窟風呂を探検したくて前に進みました


洞窟の中は湯気で白くてぼぉ~と見えます
なんだぁ~??


湯の生地かなぁ
温泉様には毎回お世話になっているので
まぁ~手を合わせておきましょ~


洞窟風呂は真冬でもホッと出来る温かさがありますね


暫く洞窟風呂を楽しんでから内湯へ向かいました
洞窟風呂以外は通路かぁ??
そんな事は無いけれど
洞窟内での入浴の方は温かいもん!!(^_-)-☆


夜の大浴場の雰囲気です
貸切状態で本当にゆっくりと入浴が出来ました


さてさて。。
今度はチェックイン後から24時までは男湯です
翌朝は女湯になります


脱衣所
タオルとバスタオルは脱衣所に用意されているのでお部屋から持参する必要はありません
利用後は使用したタオル類を入れる所に置いてきてね~


洗面は3か所 籐の椅子


ドライヤー 歯ブラシ 髭剃り コットンパフ 綿棒 ブラシ


化粧品類


タオル バスタオル 使用済みのタオル入れ


地元の大学の先生が笛吹川温泉の特徴をご紹介
大変いい湯ってことですよねぇ


まずはかけ湯を~


男女浴場は対照的な位置関係かなぁ
男女湯の境側に内湯や水風呂やサウナ、、それからシャワーがあります
洗い場と露天風呂の出入口はその外側って感じの位置関係です


洗い場がずらっーと並びます


シャンプー類


シャワー


サウナは翌朝は利用することが出来ません


サウナ内の様子
内湯側は硝子窓になっています


サウナの直ぐ横に小さな湯船は水風呂です
手前側が内湯です


勢いよく湯船に流れ出ているのが温泉湯で水量が少ない方が水です


温室風とでも言いましょうか露天風呂が良く見渡せますし
木々や夜には星空を観ながらの入浴が楽しめますね


源泉かけ流し
湯船から湯が洗い場に流れ出ています


広い大浴場ですが宿泊部屋が少ないし
お部屋によっては温泉湯の露天風呂があったりと広い大浴場が独り占めできることが多いです
それに入浴する人数が少ないって事は綺麗な湯に入浴できますよぉ


内湯であたたまってから露天風呂へ


こちらの露天風呂は庭園風の露天風呂です
池の鯉にでもなった風に露天風呂を楽しみました
冬季でもあるので広い露天風呂なので温湯でしたが
その分ゆっくりと入浴が出来ます




奥に進むと湯が露天風呂に流れ込む所に。。
翌朝の入浴では上の木につららのような物が。。
蒸気が夜中に凍った物かなぁ


青空を見ながら。。すらっと伸びた木を見ながら。。いい気持ぃ~(^.^)


十二分に温泉を満喫できました(*^^)v


笛吹川温泉 別邸 坐忘さん、お部屋の情報は→こちら

笛吹川温泉 別邸 坐忘さん、食事の情報は→こちら


おまけ

前日のランチは甲府の美味しいカツ屋さんをと考えていました
それが駐車場が満車の上に近くにはコインパーキングも無い様子
なので諦めて次の候補は甲府駅の近くのほうとう屋さんへ
こちらも駅近くでコインパーキングは数か所あったけれど何処もやはり満車でした
お宿の予約したチェックイン時間にどんどん近くなってきます
どうしよ~とカーナビにお宿を入れて進みました
何処か途中で何か食べる事が出来るでしょぉ~と。。
ところが街中からどんどん田舎の風景になっていきます
何処か無いかなぁ。。
昼食を食べられるようなお店は見当たりません
車を進める内に直ぐそこはもうお宿です
どうしましょぉ~と思っていた時に見つけた1軒のお店
味平
山梨県山梨市東59-1

営業時間
(昼)11:30~14:00   
(夜)17:00~20:50(L.O)
定休日 火曜日



店内に入って壁に書かれているメニューを見ましたら
面白いチャレンジ料理が並びます


どれにしようかぁ~とあれこれと夫婦で話していましたら。。


女将さんらしき人が現れて
「今日は↑以外のお料理は出来ません」と言われてしまいました
あれまぁ~((+_+))((+_+))
お邪魔した日は水曜日ではないけれど何かご事情があるのでしょう~


今話題の白鴎さんの写真も店内にありました


でぇ~私はエビチリ定食を注文


ゴロゴロと海老が入っています
優しいお味のエビチリです
ザクザクの玉葱が多いなぁ~
(私、、玉葱が苦手なんです)


杏仁豆腐のデザート付き


ラーメン


昔懐かしのラーメン


大きなシャーシュー


麺も旨い


そしてこちらはカレー定食


大きなカップにカレーが山盛りです


ご飯の横には何故かフライドポテトが。。


カレーは甘口のお子様カレーって感じでこちらも玉葱が多いのぉ~
玉葱の産地??かぁ(*_*;
旦那さんはお邪魔した日には法事で出かけたそうで
頑張っているな女将さんでした
次回は旦那さんのチャレンジ料理も味わってみたいなぁ
ご馳走様でしたm(__)m


笛吹川温泉 別邸 坐忘さん、お部屋の情報は→こちら

笛吹川温泉 別邸 坐忘さん、食事の情報は→こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by