FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

骨董旅館ゲストハウス開耶
静岡県伊豆市上船原1121-36
 
船原温泉
車:新東名{長泉沼津]IC経由
伊豆縦貫道/修善寺道路[大平]ICから国道約15分
バス:修善寺駅土肥方面約30分



夕食はレストランで18時過ぎからでした
準備が出来ますとお部屋に電話を下さいます
宿泊者は私達だけなので時間が決まっているというよりも
準備が出来たらと言った感じでした
元々満室になっても4組のお宿なのでレストランの席もそれに合わせてゆったりしています
私達が案内された席は奥側のお庭や蔵が見える席でした


まずは食前酒の梅酒です
おしながきはありません
お料理を運んでくれるスタッフさんがそのたびに説明をしてくれますが
お料理が置かれると共にオーナーさんもいらしてお料理の話や趣味などのお話をしたりするので
お料理名が頭の中からすっ飛んじゃったりもして。。
間違ってあるかもしれませんがお許しのほどを。。m(__)m
でもね、どれも素晴らしいお料理だったって事は間違いありません


胡麻豆腐
粘りのある濃厚な胡麻豆腐
流石~地元の山葵がピリリと胡麻豆腐の味を引き立てています
隠元や京人参の鮮やかさもバランスよく目を引きます
器は骨董でお料理に合わせて板前さんが選んでいるそうです


次に運んでくださったお料理は4皿


2月とあって豆まきのイメージなんでしょうね
小鉢には大豆煮 燻製チーズ 田づくり 胡桃飴煮 玉蜀黍真丈


子持ち昆布お浸し 菜の花 いくら
贅沢な子持ち昆布。。久しぶりに味わいました
良い品で最高のお味でした


牛蒡の白和え クコの実のせ


白魚と蒟蒻の生姜和え


蕪蒸し椀
下に引かれた小皿が大変素敵です


ふんわりした出汁卵蒸しの上に程よい硬さの蕪
新物の海苔も添えられています


汁ものの椀蓋を開けてブロッコリーが現れたことにはびっくりです


上品なつみれに椎茸人参の千切りそれからブロッコリー
板前さんの創作懐石のチャレンジを感じます


お造り


2人分が漆器の平皿に2人分
寒ブリ 鯛 金目鯛 ボタン海老


いさきのなめこと蕎麦の美餡かけ


そばの実の歯ごたえが印象的


1杯目はすっきりした白ワインを。。2杯目はシャブリを。。
3杯目は体調も悪いのでお断りしました

何処にも夕食時の飲物のメニューはありません
チェックインの時にワインなり日本酒なりのお客様の好きなお飲み物を大体伺い
オーナーさんがソムリエの資格を持っていたり利き酒の資格?も持っていらっしゃるので
お料理に合うワインだったり日本酒だったりをその都度用意してくれます
料金は1杯目の500円をお支払いするだけでその後は無料?です
このことはお宿案内にも何処にも書かれてはありません
私もまったく知りませんでしたが
「夕食時に1杯目をいただいたので後は料金はいただきません」と言われてキョトンとしちゃいました
チェックアウトの時に明細を見てから。。それからお宿の口コミの所に書かれてありました
てぇ~訳で後で納得した次第です
しかし宿泊された方が皆さんそうなのかは私にはわかりません


蒸し鶏?さらし玉葱とキューイカイワレ 人参ソース
オーナーさんとおしゃべりが弾んでお料理の名前を聞きそびれちゃいましたm(__)m


ライムを絞ってあっさりした一品です


ブリのつけ焼き


鰤 松葉黒豆 筍 棒生姜 天然シメジ


伊豆豚肉のしゃぶしゃぶ


豚肉 春菊 刻み白が葱
もうこのころになると満腹で食事が進みません
私はギブアップで一口も食べる事が出来ませんでした


豚しゃぶしゃぶの旨みが出た出汁を使って赤米のお茶漬けです


薬味は茗荷 分葱 山葵 ゆず胡椒 あられ 胡瓜ふる漬けです


私はこの美味しそうなお茶漬けさえも満腹で食べられなかったです


レストランには骨董の数々が陳列されています


中国からの衝立も普通に使われています




私が大変気に入った衝立です
お気に入りの骨董があれば販売してくださるのだそうです
お高いだろうなぁ~


夕食すら最後まで味わうことが出来なかったので
デザートと珈琲は1時間ほど経ってからお部屋へと届けてもらいました


苺と焼きプリン 林檎のコンポート


朝食は8時~8時半の間ぐらいでした
準備が出来ましたら連絡があります


席に着きましたら用意されていました


小鉢がいくつも並びます
ひじき煮 板かまぼこ山葵 ほうれん草のお浸し 昆布煮 3色豆 丸蒟蒻煮 烏賊麹 海苔


流し豆腐 山葵


鯵の開き


山菜味噌うどん


夕食の時も朝食の時も骨董の器が素敵でした


ワタリガニのお味噌汁


手作り漬物


〆は珈琲です(紅茶でもOK)

骨董旅館ゲストハウス開耶さん、私なりのまとめ
前日に自宅を出発する時には雪だとわかっていましたが
伊東まで何とか行かれれば修善寺まではたどり着けるだろうと思っていたので
キャンセルはしませんでした
しかしオーナーさんは雪道は大変だろうと「キャンセルでも構いませんよ」とも
言って下さいましたがケッセラセラの夫婦です
キャンセルなど考えていませんでした
他の宿泊予定の方はキャンセルされたようなので
お邪魔した日には私達1組の宿泊でした
まぁ、私達も伊東から雪道を自宅へ戻る方は大変なくらいでしたので。。。

そんな訳でオーナーさん達は私達の為に駐車場の雪かきをしてくれて
お部屋の準備をしてくれて食材の調達にも追われた様です
しかしそんな様子はお首にも出さずにおもてなしをしてくれました

お部屋は全4室
私達は和洋室の寝室がツインのお部屋を予約しました
4部屋しか無いお宿なので2つの貸切風呂は混む事がないだろうと。。
でしたらお安い方が嬉しいなと言う事です

でもね、宿泊した日には
オーナーさんが「露天風呂付きのお部屋でも同じ料金で良いですよ」と
言ってくださったので素直に甘えさせて頂きました
お部屋は古さはありますが綺麗に掃除されて過ごしやすかったです
広さも充分ありベットには電気毛布の用意もありました

温泉は貸切風呂と飯露天風呂が有って自由に使えます
クチコミの冬季は内湯ばかり皆さん利用されて
なかなか入浴が出来なかったと有りましたが
露天風呂でもお湯に浸かれば温かいのでいいかぁ〜となれば問題ないかなぁ
源泉掛け流しでない事が残念です

お料理はどれも素晴らしく
ボリューム満点で食べきてないくらいでした
食材も良いものを使っているなと思いました
私達の為だけに板前さんがお料理を作って下さることにも感動です
席にも板前さんがご挨拶に来てくれました

スタッフの方々も雪が濡れるからと車まで荷物を取りに行く時も
玄関先から車まで傘をその都度さしてくれます
お飲み物をお願いしましたらいつでもお部屋にさっと珈琲を届けてくれました
素晴らしい接客です

お部屋、 温泉 、お料理、お値段 やおもてなしの心など
どれをとっても満点です
みなさんが教えたくないという気持ちがわかります
ただし。。。お食事中にオーナーさんとの会話が多いです
そういう事が苦手な方には不向きなお宿だと思います
アルコールの好きな方には嬉しいかな

また是非お邪魔したいです


骨董旅館ゲストハウス開耶さん、お部屋の情報は→こちら

骨董旅館ゲストハウス開耶さん、温泉の情報は→こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by