ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

英国調アンティークホテル かえで庵
伊東市大室高原6-626

伊豆高原温泉
伊豆高原駅からタクシー5分(徒歩60分) 
東名厚木ICより小田原厚木道路~熱海から約50分で伊豆高原エリア




夕食はフロントを兼ねたレストランで18時からです
お部屋から一旦外に出てレストランへ向かいます


ドアを開けて。。
スタッフの方が席へ案内してくれます


くねくねとテーブルの間を通って先へ進みます


カウンターがありその先のテーブル席が私達の夕食席でした
カウンターの先のドアが厨房のようです
厨房から一旦お料理をカウンターへ置いてそれをお客様の席へ運んでいました


建物の外から見たら夕食の私達の席は6角垂の屋根の建物のこの辺りかなぁ


おしながきです
メインのお料理が牛ほほ肉の赤ワイン煮と国産牛ヒレ肉陶板焼きが人気のメニューですが
どちらにしようかと迷いましたが今回はお試しプランでもあったので
国産牛ヒレ肉陶板焼きのプランを選択しました


赤ワイン


オードブル3種




カブとニョッキのグラタン仕立て
ニョッキが歯ごたえもあって美味しかったぁ


秋刀魚と里芋のテリーヌ


鴨の燻製と栗のカクテル


安納芋のムース
トルティーヤ添え

トルティーヤ(スペイン語: tortilla)は、すり潰したトウモロコシから作る、
メキシコ、アメリカ合衆国南西部および中央アメリカの伝統的な薄焼きパンである。
現代では、小麦粉から作られた同様のものもトルティーヤと呼ばれている。
タコスを作るのにも使われる





お造り 4種盛り合わせ
さわら ホウボウ 平目 鰤
塩ポン酢か刺身醤油の2種類でお好みで味わいました






サワラは炙りでした


真鯛のソテー 自家製の牛蒡ソース




真鯛だけでも旨いけれど牛蒡のソースをつけて味わうとまた別物の旨さです
添えられてあるバケットに牛蒡のソースをつけて味わいました

 
牛ヒレ肉の陶板焼き 2人分
お野菜もたっぷりで運んでくれた時には牛ヒレはどこに?と言うほど野菜がてんこ盛りです


野菜をよけるとやって牛ヒレのお顔出しでした


牛ヒレ 水菜 ブロッコリー パブリカ じゃが芋 玉葱


大変柔らかく年寄りでも翌朝に胃もたれすることもありませんでした


金目鯛の炊き込みご飯
夕食が始まると同時に釜に着火して炊いてくれます


若芽のお味噌汁 金目鯛釜めし


具沢山の炊き込みご飯でした
私が具合が悪くて殆どお料理を食べる事が出来なかったので
女将さんが「おにぎりを作ってお部屋へ届けましょうか?」と言ってくださいました
食べられるほど元気では無かったのでお気持ちだけ受け取りました


デザートと飲み物
飲物はホットかアイスの珈琲か紅茶とのことでしたが
私が具合が悪くて食事よりもウーロン茶ばかりを注文していたので
だからでしょうか~?「ソフトドリンクでもよろしいですよ」と言ってくださいました


フルーツゼリー
黄桃 パイナップル キューイ グレープフルーツ他
ゼリーよりもフルーツが多く詰まっているように思いました


苺のアイスクリーム


夕食も済んでお部屋に戻るときにフロント前でポンカンをもらいました


翌朝の朝食はお部屋になります
8時半に電話連絡があってお部屋に運んでくださってセッティングしてくれます


こんな感じです


紙袋の中にはパンが入っています
食べきれない時にはお持ち帰り出来ますし
お部屋に運ぶ時に少しでも冷めないって事もあるのでしょうね


スクランブルエッグ サラダ フルーツ


紙袋の中のパン


夕食が済んでお部屋に戻るときに朝食の時の飲物を決めました
5種類ほどあったかなぁ
トマトジュースとオレンジジュースと後なんだったかなぁ?
その時に具合が悪くて。。記憶がありませんm(__)m


1つはソーセージハムとチーズ レタスがサンドされています


2つ目はチーズとトマトとレタスかなぁ
こちらの方が水分があるので朝食時に食べて
もう一つは持ち帰って高速道路のSAでおやつ?にしました


ミネストローネスープ


お茶セット


紅茶のテーパックも添えられてありました


〆はやはり珈琲です
2杯分ずつはポットに入っていました
ご馳走様でしたm(__)m

英国調アンティークホテル かえで庵さん、私なりのまとめ
お宿は別荘地にあるのでカーナビでわかりずらいかなぁ~と
思いながら出かけましたがすんなりと到着出来たのでホッとしました
15時に到着しました
到着と同時にスタッフの方が現れて車の誘導をしてくれました
駐車場はお宿の前や道路前にお部屋の数ほどあります
フロントを兼ねたレストランでチェックインの手続きを済ませて
それからウエルカムドリンクを数種類の中から選んで
直ぐにお部屋に案内をしてくれました
ウエルカムドリンクの中にはワインもありました

お部屋に案内してくれてわかりやすいように説明をしてくれました
私は耳の奥が痛くて炎症を起こしているように感じたので
薬局かコンビニに行きたいと話しましたら
近くに無いのでとお宿の物を持ってきてくれました
ウエルカムドリンクよりも早く消毒薬をは届けてくれました(*'ω'*)
それから暫くして珈琲と手作りのブラマンジュを運んでくれました
お部屋でのんびりお茶とお菓子を味わうことが出来ました
お部屋はワンルームのツインのお部屋です
コンパクトにテレビやタンスやドレッサーが置かれてあります
雰囲気は女性が好むようなアンティーク調の雰囲気にまとめられていて落ち着ける雰囲気です
お隣のお部屋にはトイレと洗面と内風呂がまとめて一部屋にあります
窓の外には温泉の露天風呂があります
露天風呂の温度の設定はフロントに連絡をすれば対応してくれます

夕食はレストランでです
お勧めのメインのお料理が牛ほほ肉の赤ワイン煮と国産牛ヒレ肉陶板焼きのようです
今回は国産牛ヒレ肉陶板焼きを選びました
お野菜もたっぷりでお肉も柔らかくとても美味しかったです
次回は赤ワイン煮を味わいたいなぁ
和洋折衷のお料理でどれも美味しかったです
他にも金目鯛の姿煮や伊勢海老や鮑のコースもありますが
私達には充分すぎるお料理でした
スタッフの方々は夕食頃から私の具合がどんどん悪くなり
思うように食事が出来なくなった時にも
お声がけしてくれたり冷水の用意をしてくれたりと心配りをしてくれました
夕食後には1枚多くの毛布の用意もしてくれました
具合が悪い時にはそんな優しさから元気をもらえますね

朝食はゆっくり過ごしてもらいたいとお部屋の朝食になります
一晩ぐっすりと寝て大分元気になりお部屋での朝食を食べる事が出来ました
お部屋ピクニックのようで楽しかったですよぉ
プランによっては金曜には仕事帰りにと遅いチェックインで
夕食もお部屋ですることも出来るようです
お客様の立場になってプランが考えられているようです
今回は具合が悪くなってしまい余裕が無く
かえで庵の全ての素晴らしさがわからなかったのでまたお邪魔して
牛ほほ肉の赤ワイン煮も味わいたいなぁ~と思います


英国調アンティークホテル かえで庵さん、お部屋や温泉露天風呂の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by