FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


別所温泉 かしわや本店
長野県上田市別所温泉1654

別所温泉
JR上田駅下車、上
田交通別所線別所温泉駅下車後徒歩10分



夕食は18時スタートでお願いしました
同じ2階に個室のお食事処があるので移動は大変楽ちんです


お部屋を出て直ぐの所に利き酒コーナーが夕食の時間に合わせて開かれています


地元のお勧めの日本酒が利き酒できます
お酒が好きな人には嬉しいサービスですね


私達はあまり。。と言ってパスしようとしましたら
担当の仲居さんが「フルーツジュースもありますよぉ」と。。
ではききジュースをと巨峰100%のジューズのお味見をしました


それもおちょこだったので少量のおちょこのジューズを一気に飲んだので
何を飲んだかわからない状態でした
そんな私の心が顔に出たのでしょうかぁ~
1杯と言わず2杯でも3杯でもと言ってくれたので
2杯目のききジュースをさせていただきました
ついでに杏も。。(*^^)v


それから個室のお食事処へ参りました
お食事処の椅子もお部屋の椅子と同じように回転します
回転いすは座りやすくて助かります


席に着いた時には食前酒の白酒が置かれてあるだけでした


この白酒ですがかすかに桜の味がします


紙敷きの木は季節が季節なのでてっきり桜木とばかり思っていましたら
北向観音様のかつらの木だそうです
この季節だけ葉が光にあたって桃色に染まるのだそうです


折角仲居さんがそんな話をしてくれたので
翌朝、別所温泉には度々来ているけれど
ここ何年も北向観音様に手を合わせに行ってないし~で
出かけてみる事にしました
かしわやさんの玄関から奥に進むと。。


北向観音様の境内にそのまま出られます




お坊様が朝のお勤めに励まれていました
そんなお経が読まれている中で手を合わせました




鐘つき堂の直ぐ横に立派なか愛染つらの木がそびえ立っています
上の方、、朝日を浴びて桃色に見えませんか??


縁結びの木だそうです(^.^)


朝食の時にお食事処から見た向観音の愛染かつらの木が見えました
「本当に描かれている絵画と同じだぁ~」と思いました
鮮やかな赤ピンクです


お献立の表紙も夫婦それぞれ絵柄が違いました


おしながき


蛤吸


淡い紅白団子がふわっととろけるよな柔らかさ


花見2段重


2段重は川と海の幸 信州サーモン 真鯛 鰤


1段目は烏賊桜花寿司 スナップエンドウ 稚ます南蛮漬け 信州和牛ロースト
真田丸松風 桜花アルプス長芋 野菜の花見団子
梅の花が添えられています


ウドと烏賊の胡麻和え


野沢菜蕎麦饅頭


一口でパクリ~でした(*^^)v
山葵があると味も締まります


お重のお料理が春らしさを感じさせてくれますね


煮物は2種類の中から選べます
夫婦それぞれ違う物を選べば両方のお料理を楽しめます


まずは夫の選んだ牛タンシチューです
和風ぽい優しいタンシチューでした


今の季節はどこのお宿も旬の筍料理を出されますね
こちらは若竹煮です


若芽 海老 桜生麩 筍


こちらも2種類の中から選択でしたが夫婦で違うお料理を選択してシェアです


鰆の木の芽味噌焼き 紅甘酢大根 花豆


豚トロ塩焼き


ニンニクソースをつけて味わいます
歯ごたえあるしっかりとしたお肉で美味しかったです


白魚と芹のかき揚げ


岩塩をパラパラとふって熱々状態で味わえました


鯛道明寺蒸し


中には鯛が入っていて桜の香りと共に味わいました


河豚の皮煮凍 菜花


河豚皮の宝石の様ねぇ


こちらも2種類の中から選べます
同じく夫婦それぞれシェアしました


太郎ポークと春野菜の豆乳鍋
最近はブランド豚がそれぞれの土地で拘りを持って販売されていますね
こちらの太郎ポークも1軒の牧場が大切に育てている豚だそうです


豆乳とあってあっさりと味わう事が出来ます
それもそうだけれどこのころになるとお腹は爆発しそうなくらいに満腹です


信州和牛の朴葉焼き
程よい脂が乗った信州和牛です




香物は茄子です
この辺りではお砂糖を使った昔から甘い茄子の漬物だそうです
担当の仲居さんも子供のころから甘い茄子の漬物を食べて育ったそうです


大根菜飯と豆腐となめこの赤だし


デザートは苺ムースと金柑の甘露煮です
金柑の甘露煮は甘さ控えめです


ご馳走様でしたm(__)m


朝食も水無月の同じ個室の食事処です


和食と洋食が選べます
夫は洋食を選びました まずは林檎ジューズを。。。


オムレツ ハッシュードポテト ウインナー


パンは3種類 レーズン 胡桃 トースト バター


ブルーベリージャム


ヨーグルト 杏ジャム


野菜サラダ


コーンスープ


フルーツ パイナップル オレンジ キューイ


洋食の人には珈琲か紅茶がつきます
夫は珈琲をお願いしました


私は和食を選びました
まずは胃を活動的にするために梅干しを食べました


林檎ジューズ


湯豆腐
お鍋の湯は温泉湯です


粗めのざる豆腐


しゃぶしゃぶして三倍酢で味わいました


野菜の煮物


ご飯のお供の雑魚煮


ほうれん草のお浸し


高野豆腐煮 卵焼き 大根おろし 焼鮭


お味噌汁は白菜と茸です


オレンジとキューイ


和食には珈琲などはつきません
なので1階のロビーラウンジでセルフの珈琲を飲む事にしました


朝もチェックアウト近い時間までセルフで珈琲が飲めます
しかしセルフとは言え前夜の夕食の担当の仲居さんが
丁度ラウンジに居て珈琲の用意をしてくれました
人に用意された珈琲は自分で用意した物よりも何故美味しいのかなぁ~(笑)

ご馳走様でしたm(__)m

別所温泉 かしわや本店さん、私なりのまとめ

今回で2回目の宿泊ですが私。。。やはりかしわやさんは大好きだわぁ
車を玄関に横付けして荷物を運んでいただいてロビーでお茶とお茶菓子を味わいながら
チェックインの手続きです
その後は直ぐにお部屋に案内してもらいました

今回は前回の時に宿泊した廊下前のお部屋です
夫婦2人には充分な広さでしたが季節が中途半端って時期でもあるからなのか
少し全体的に寒かったです 
居間的なテーブルがあるお部屋と奥につながるようなツインのベットがあるお部屋とあって
洗面へ向かうところは障子などが無かったのでしっかりと閉める事が出来なかったので
そんな事なども寒さの原因なのかもしれません
しかし大浴場に~とか珈琲を飲もうかなぁ~とかロビーに下りるのにも直ぐだし
食事のお部屋までは同じ2階でそれほど離れても居ないので楽ちんでした
トイレで用を足すときにドアを閉めて便器に座ると膝からドアのでが狭かったです
古い建物を修繕しながら利用されているのでしょうから仕方が無いのかもしれませんが
もう少し使い勝手が良いと嬉しかったかなぁ
しかし大変静かで自分たちのペースで過ごす事が出来ました

本館の大浴場は時間によって男女入れ替えですが
チェックイン後は男湯タイムで女性は別館の四季亭の浴場へ行かなくてはならないので
お部屋の露天風呂で入浴しましたが少しぬるめでした
もう少し季節が良かったらゆっくりと長湯が出来て最高の露天風呂なんだろうになぁ~。。。
本館の大浴場の内湯と露天風呂、四季亭の男女別の2か所の内風呂
それから貸切風呂とお部屋の露天風呂といくつもの温泉を楽しめる事は
温泉好きな私達には幸せな事でした

お食事はどれも美味しかったのですが
最近の私達には種類も量も多かったです
もう少し少なめのプランでも良かったように思いました
お料理は節分の季節とお雛様の季節と五月の節句の頃がお勧めだと仲居さんが教えてくれました
今回は本来でしたら3月のお料理でしたが
今年は早めに桜の開花がありでお料理も少し早めに変更された物もあったようで
仲居さんも急のお料理の変更で案内が上手く出来なかったと話されていました
朝食も洋食と和食が選べて嬉しいです

担当の仲居さんをはじめ皆さん大変親切でした
かしわやさんの雰囲気が好きな私です
次の時にはまた違うお部屋を楽しめたらいいかなぁ~
またお邪魔してのんびりと過ごしたいと思います


別所温泉 かしわや本店さん、前回のお食事の情報は→こちら

別所温泉 かしわや本店さん、おぼろ月の間のお部屋の情報は→こちら

別所温泉 かしわや本店さん、前回のお部屋313の情報は→こちら

別所温泉 かしわや本店さん、温泉の情報は→こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by