FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


水上温泉郷 湯檜曽温泉の永楽荘
群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽96



夕食はお部屋食とお食事処をどちらでも選べます
団体客は別なのでしょうけれど殆どの人がお部屋食を希望するようですが
私達はお食事処での夕食を希望しました
お食事処は中2階の階段側を下って女湯の横になります


「大体18時頃にね」と女将さんにお部屋に案内された時に言われました
小さなお宿なので一斉なのかなぁ
「用意が出来たらお部屋の電話を鳴らします」と言われました
確かに用意出来た時にブザーのような音がしたと思ったら
これが電話のワン切りでした
はっ!と気づいて「用意が出来たんだぁ~_」とお食事処へ行きました


お食事処には私達の他に山登りをされた家族が1組いらっしゃいました
2組の境には↑の素晴らしい木彫りの衝立が置かれてありました


私達は奥側の川側の席でした
席につくとほとんどの用意がされていました
お食事処のお隣が厨房です


生ビールは無かったので瓶ビールを夫婦で飲みました
その後はウーロン茶を飲みました


おしながきはありません
女将さんが簡単に説明をしてくれました
しかし私達。。年寄夫婦です
メモもしないので直ぐに忘れちゃいます
いい加減で許してね~m(__)m
生ハムサラダ


茸焼き鍋
席につくと同時にお鍋に着火してくれます


えのきだけはシャキシャキと音を立てて一層美味しく味わえました
健康に良いお鍋です


煮物
揚げ豆腐 椎茸 人参 蒟蒻 隠元


鯉の(刺身)あらい
味噌酢で味わいます
海の無い群馬の味なのかもしれませんが私はちょつと苦手です
夫も苦手なんですが臭みが無くて美味しいと私の分も食べちゃいました


天婦羅


海老 隠元 南瓜 シメジ 隼人瓜(群馬産)
塩で味わいます
隼人瓜はつる性の植物。
多数つけるセイヨウナシ形の果実は中央に大型の種子を1個生じ、
発芽まで果肉と種子が分離しない。
日本で1917年に鹿児島に渡って来たため隼人の瓜ということで、
ハヤトウリという名前になった。台湾では佛手瓜と呼ばれる。
味は淡白でくせがない。
アメリカ合衆国ルイジアナ州のクレオール料理やラテンアメリカ、
カリブ海諸国の料理によく用いられる。
漬物、炒め物、煮物などにして食べることができる。
高知県では「チャーテ」と呼ばれ親しまれている。


鮎焼き


女将さんの手作りの塩辛


胡瓜もみ胡麻風味


飲物などの注文があったらブザーで呼びます
お隣のご家族とはブザーの音が違って
どちらが呼んでいるのかわかるようになっていました
考えたなぁ~と思いました
(女将さん、賢いや~)


鯉こくのお味噌汁 ご飯


ご飯はお櫃で用意してくれます
炊き立ての美味しいご飯でした


野沢菜つけ


デザートもありますよぉ
柿です


朝食はお食事処です


ハムと生野菜


大きな鮭焼き


手作り感ある卵焼き


笹かまぼこ


隼人瓜辛子和え


納豆


若芽と揚げと葱野沢菜お味噌汁


香物2種類
ご馳走様でしたm(__)m

水上温泉郷 湯檜曽温泉の永楽荘
今回は紅葉狩り旅行と言うよりも
ただただ永楽荘さんの素晴らしいかけ流しの温泉に入りたくて出かけました
お宿の場所は谷川岳ロープウェイ通り沿いの大変わかりやすい場所でした
駐車場も駐車しやすく私でも大丈夫でした
玄関口で女将さんが元気に迎えてくれました
私達はもっと年老いた女将さんだと思っていたので
お会いした時にはお若い女将さんなのでちょっと驚いちゃいました
アッ!ごめんなさいm(__)m

女将さんと会話しながらチェックインの手続きをして
簡単に浴場の説明を聞きながらお部屋に案内してもらいました
小さなお宿なので館内案内は直ぐに理解できました
中2階と言う事だったので珍しいなぁ~と思いながらお部屋に案内してもらったんですが
何ら問題はありませんでした
お部屋は洗面付きの川沿いの和室で私達には充分な広さです
建物は大変古いですが綺麗に掃除され少しずつ直されている事がわかりました
トイレは1階か2階の共同トイレを利用するのですがトイレも綺麗に掃除されていました

温泉は男女別の内湯のみです
両方ともそれほど広くは無い湯船ですが湯量が豊富で
いつも浴場へ行くと湯船から洗い場に湯が流れ出ています
湯船に浸かると湯船から私の体積分の湯が洗い場に勢いよく流れます
湯船の4分の1が流れたのでは。。(*_*;
しかし私が洗い場で身体を洗っている内にはまた湯船から湯が溢れています
加温、加水、循環、ろ過、入浴剤、消毒などされていない
本物?の源泉かけ流しの最高の温泉です
それも24時間、チェックアウト30分前まで利用できるのです
源泉かけ流しと書いていても本当の源泉かけ流しは少なくなっています
こちらは間違いなく源泉かけ流しの素晴らしい湯です
私達は何回も入浴しました
夫は何回かお客様とかち合ったようですが
私は何回入浴しても貸切状態で入浴が出来ました
最高だぁ~(*^^)v

お食事は家庭料理ですがどれも地元の食材を利用して美味しく手作りされていました
隼人瓜は道の駅などでも販売されているそうで
何にでもお料理に利用できるとのことでした
良心的な宿泊料金でこんなにご馳走が出て
見習ってもらいたいお宿が多いように思いました

元気な女将さん、、経営に追われてごうつく婆さんかと思いましたら
美しい楽しい元気で気がきく女将さんでした
変な想像をしちゃってごめんなさいm(__)m
朝食後に紅葉狩りの場所を伺ったら地図を用意してくれて説明をしてくれました
帰りにも見送ってくれました

土曜日の宿泊で川側のお部屋でした
HPを見て電話連絡しましたと話しましたら
ネット優待料金で良いですよと言う事で1泊2食でお一人様7300円でした
お宿の努力でとてもお安いねぇ~コスパ最高です
見習ってもらいたいお宿が多くあるように思います
またあの素晴らしい温泉と女将さんに会いたくなった時にはお邪魔したいと思いました
水上温泉郷 湯檜曽温泉の永楽荘さん、お部屋の情報は→こちら
水上温泉郷 湯檜曽温泉の永楽荘さん、温泉の情報は→こちら
水上温泉郷 湯檜曽温泉の永楽荘さんのHPは→こちら
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by