FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

プチホテル マニトゥー
吾妻郡嬬恋村大字干俣2401
バラギ温泉・湖畔の湯
車は碓氷軽井沢IC~R18中軽井沢
~R146鬼押し出しハイウエー
~パルコール嬬恋スキー場ゲート手前



新潟から一般道を走行して小布施で遊んでからプチホテル マニトゥー さんへ向かいました
実はこちらのプチホテルマニトゥー さんにお邪魔したくて
以前に予約を取ったのですが急用が出来てしまって泣く泣くキャンセルをしちゃいました
今度こそはとリベンジです


この辺りには一度も来たことが無い場所と言う事と自然のど真ん中で何も無いけれど
自然の力で心洗われて元気になれると言うコメントを読んだからです
なので夜になるとコンビニやネオンなどは何処にもありません
駐車場はお宿の前に広々とあります
荷物を持参して玄関へ


駐車場や玄関前にも広々とした敷地が広がります
テラスに座ってぼっーと出来ることが私達には贅沢です


テラスから前の景色です
なぁ~にもありません
遠くには浅間山がそびえています


お宿の道路前にもなぁ~にもありません(笑)
これが地元の人にはわからないようだけれど贅沢なんだよねぇ


お宿の癌館は2階にあります
階段を上がって玄関へ


玄関
履物を脱いでスリッパに履き替えます


左前にフロントです
「ごめんください」と声をかけました
奥から女将さんが顔を表しました
お邪魔した日の宿泊者は私達のみでした
例年でしたら今頃になると初雪が降って
ノーマルタイヤでは危ないのでキャンセルされるお客様もあるとのことでした


フロントには地元のパンフレットが置かれてあります


そして手動の販売機?です(笑)
コンビニは山を下らないとありません
購入の時には女将さんに声をかけてね


ロビーとフロントの間には宿泊中に利用できるお茶類と珈琲が用意されています
無くなると女将さんが用意してくれました


冷水と麦茶もあるよ


フリー飲物コーナー前の階段を上がってお部屋へ向かいます
チェックインの手続きなどありませんでした
私達だけの宿泊だったからかなぁ?


2階にフロントやロビーがありますので6部屋全てのお部屋は3階にあります


ロビーは吹き抜けになっていて階段上から見えます


チェックイン後からチェックアウトまで暖炉には薪が入れられ大変暖かく過ごせました


夜は良い感じ~




上を見あがると丸太の恥らが1本
雰囲気があります


私達のお部屋は301号室でした
鍵は1本です


廊下の両脇にお部屋が奥にと並びます


ドアを開けるとまずはリビングです




窓際に椅子とテーブル




カーテンを開けると窓からは眼下にロビーが見えます


テレビと長椅子


こちらの窓からの風景も素晴らしい


翌朝の浅間山


薄っすらと霧がかかっています
浅間山が島のように見えますね


夜は大分寒くなるのでエアコンだけでは寒いのぉ
ヒーターも利用しました


お部屋入口側です


ロッカー


浴衣 帯 羽織


バスタオル タオル 洋足袋




冷蔵庫内にはミネラルウォーターが2本
無料です


グラス おしぼり チョコ菓子




奥のお部屋はベットルーム


ダブル


窓からの風景


ドレッサー テレビ


空気清浄機 椅子
その奥にはユニットのトイレと洗面 お風呂


トイレ


アメニティー類 トイレットペーパー 歯ブラシ用コップ
女性生理用品


コットンパフ 綿棒 髪ゴム シャワーキャップ シャンプー ブラシ 歯ブラシ 髭剃り


洗面には固形石鹸


お風呂
貸切風呂が2か所あるのでこちらは利用しませんでした


共同トイレ入口に暖簾がかかっています
突き当りは洗面で左右に男女別のトイレがあります
お部屋のトイレはウォシュレットでは無かったので
1階と2階の中間にある共同トイレがウォシュレットだったので
こちらを利用しました


こちらは女性のトイレですが男性用も同じ感じでした


ロビーからの景色です
癒しだなぁ~


暖炉前に腰かけて珈琲を飲みのんびり過ごしました


本棚には色々な本がありました
ロビーで読書もいいですね


そうそう。。
御宿に向かう途中にカモシカに出くわしました
大人しいカモシカちゃん。。。じーとしていて写真撮影をさせてくれました

女将さんは大変気さくであれこれとお話をしてくれました
女将さんのファンが居ることが納得です
プチホテル マニトゥー さん、温泉の情報は→こちら
プチホテル マニトゥー さん、食事の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by