FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


プチホテル マニトゥー
吾妻郡嬬恋村大字干俣2401
バラギ温泉・湖畔の湯
車は碓氷軽井沢IC~R18中軽井沢
~R146鬼押し出しハイウエー
~パルコール嬬恋スキー場ゲート手前



フロントとロビーは2階になります
そして貸切風呂の浴場は1階にあります
私達のお部屋は3階なので一旦2階のフロントへ降りて
フロント前の「貸切中」の札を持って1階の浴場へ参ります
写真が1枚だけしか無くてピンボケでごめんなさいm(__)m


フロント前から1階へ
中段の踊り場前には男女別の共同トイレがあります
お部屋のトイレはユニットトイレでウォシュレットトイレでは無いので
こちらのトイレを利用してくださいな
その先をぐるりと回って進みます


左側に貸切風呂があります


突き当りに2つの貸切風呂が並んであります
まずは奥側の貸切風呂のご紹介~


入口に「貸切中」の札をかけます


そして施錠します


脱衣所は夫婦2人でしたら丁度良い広さです
タオルは浴場に置いてあるりますがバスタオルはお部屋から持参してください


洗面は1か所


陶器の雰囲気のある洗面です


女性化粧品類 綿棒 歯ブラシ コットンパフ


温泉成分表


脱衣所から浴場へ


お風呂は内湯です
湯船は石風呂です」


湯が湯船に流れ込みます


洗い場は2つ


シャンプー類 固形石鹸 洗顔料など


ベランダに出られます


ベランダからは広いお庭とその先には浅間山などが見えますが
ここで裸って訳には行かないよねぇ~(笑)
バスタオルを巻いてかなぁ??


広々です


もう一つの貸切風呂です
入口にフロントから持ってきた「貸切中」の札をかけてから入浴してね
退室の時には札をフロントに返してくださいなぁ


施錠します


脱衣所


こちらも陶器の洗面ですが可愛らしいお花です
女性化粧品類 綿棒 歯ブラシ コットンパフ


脱衣棚に脱衣籠が2つ


タオルの用意は脱衣所にあります


こちらも内湯のみです


檜風呂の出入りが少し高いので段が置かれてあります
入浴中は滑りやすいので気を付けてください


湯船の湯が流れ込みます


洗い場


シャンプー類 洗顔料 固形石鹸


こちらにもベランダがあって長椅子があります


湯上りはロビーでします
冷水。麦茶、珈琲。紅茶がセルフで自由に利用できます

お湯は源泉かけ流しでは無く加温していますが
身体の芯まであたまれる入浴しやすい湯です
お邪魔した日には私達のみの宿泊で何回も自分たちの入浴したい時間に入浴出来ました
私達だけなのにどうして入浴中の札をと思いましたら
お宿の方々も利用しているからだろうと思いました
私は奥側のお風呂が洗い場も広く湯船内で滑りにくかったので
こちらばかりで手前の檜風呂は1回だけの利用でした
プチホテル マニトゥー さん、お部屋の情報は→こちら
プチホテル マニトゥー さん、食事の情報は→こちら

旅の食の記録

嬬恋村の御宿から翌朝は中央道を走行して甲府へ
中央道から紅葉狩りが出来ました


甲府の農家さんでは渋柿干しが始まっていました


吊るし柿


フルーツパーク富士屋ホテル下からの甲府の街の風景です


フルーツパーク富士屋ホテルの喫茶では1年を通じて
苺パフェ ブルーベリーパフェ 桃パフェ 巨峰パフェ 
マロンパフェが販売されています


11月はマロンパフェで帰り道に寄りました
これで5種類制覇出来ました!(^^)!


マロンワッフル


こちらもワッフルはサクサクでそしていて甘さも程よく大好きです
フルーツパーク富士屋ホテル内カフェ ベラヴィスタ の季節のパフェの情報は→こちら


自宅に帰る前に夫の腹ごしらえです
ココスのカリカリポテトは夫婦の大好物です
カリっと揚がったポテトは病みつきです
マヨネーズが苦手な私はいつもケチャップソースだけでお願いします


空腹でない私はアボガドサラダのみです
夫にもお裾分けです


バケットも中々美味しいですよぉ


夫はハンバーグです


こちらもふんわりで美味しいよぉ
ソースはデミグラスソースです


そしてドリンクバーです
こちらのホットミルクが好きで何杯も飲んじゃいます
駐車場も広々あるし使えば使うほど割引率が上がり
1年間毎回10%割引してもらえるのでお得で助かります
ご馳走様でしたm(__)m
プチホテル マニトゥー さん、お部屋の情報は→こちら
プチホテル マニトゥー さん、食事の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by