FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘
小諸市古城区中棚
中棚温泉
上信越道、小諸ICより車で7分。
JR小諸駅より徒歩20分、車で5分。


食事の時間はチェックインの時に決めます
そしてこんな時間表を受け取ります


お部屋に案内された時に仲居さんから
「夕食の時にはこちらにお食事時間になりましたらいらしてください」
と言われました


食事時間になってラウンジで待っていましたら案内されたお部屋が
自分たちのお部屋の斜め前の「はこべ」でした
朝食も同じ席と言う事で食事場所は楽ちんでした


私達夫婦の他にもう一組
一部屋を2組で利用です


境は素敵な衝立です


おしながき


まずは藤村の濁り酒です


先付けは蓮根養老寄せ


蓮根養老寄せ ホタテ貝 ミニトマト 飾り柚子


鯛そぎ造り


真鯛 紅葉人参 大根けん 大葉 山葵


今回は中棚荘の女将がワイナリーにチャレンジして
オープンしたワイナリーのお勧めのワインです
それから完熟梅ジュース






信州豚しゃぶ鍋


大変綺麗な信州豚です
水菜 白菜 大根 白髪ねぎ


まずはお鍋に野菜を入れていきます


野菜に火が籐りましたら信州豚をしゃぶしゃぶと。。
豚肉はどうしても気になるので少し長めにしゃぶしゃぶです
割りポン酢に紅葉おろしを入れて味わいます


鰤照り焼きとろろ掛け


白柴漬け 木の芽は鰤の旨みを引き立てれくれています


鰻茶碗蒸し 百合根とさやえんどう


ふわっと柔らかい~


おしながきには無いけれどお蕎麦のプランを選びました


二八蕎麦
冷水でしめてあって喉越しが良かったです
おかわりしたいほど美味しかったです


重ね揚げ


秋刀魚と干し柿と紫蘇で重ねて揚げています 
エリンギ しし唐 
ゆかり塩で味わいます


炊き込みご飯は食べる時間にあわせて釜で炊いてくれます
赤だしはもやしとわかめです


茸ご飯


大変美味しい炊き込みご飯でしたがこのころには満腹で。。
おにぎりでも作ってもらえればうれしいですが
夜食を作ってもらっても食べられそうも無いくらい満腹でした


デザート


林檎のブラマンジュ


朝食も同じ席です


席につくなりスタッフさんが食事の支度を次々にしてくれました


まずは1杯目のご飯をよそってくれました
2回目からはお好きなだけ自分でよそります


麦ご飯です


夕食の時には赤だしでしたが朝食では信州味噌でした
具は揚げとお茄子となめこ


少しずつ綺麗に一列に並んだお皿に盛られてあります


椎茸大根煮 白身魚と梅酢蓮根


ほうれん草のお浸しとしらす シメジ麹和え


胡瓜漬け


野菜サラダ


鱈の醤油つけ焼き


主人はこれが大変お気に入りのようで私の分も食べちゃった


生?温泉卵?


割って見ました温泉卵でしたよぉ(^_-)-☆


ご飯が何故麦ご飯だったんかぁ。。


とろろご飯だからです


麦ご飯にとろろ汁をかけて胡麻をかけて
すするように食べると最高なんだなぁ~
お代わりって言っちゃいます
これにとろろご飯を海苔で巻いたりしても美味しいね
朝もしっかりと食べました~
ご馳走様でしたm(__)m

島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘さん、私なりのまとめ
こちらの御宿も以前から気になっていたお宿の1軒でした
気にはしていた物のどうしてもと言うまでにはならなかったのですが
浅間温泉の菊の湯さんに宿泊した時に大浴場でご一緒したおばあちゃんが
中棚荘さんのお風呂は良いよぉ~と教えてくれました
そのおばあちゃんのご主人様は中棚荘さんの女将さんのファンでもあり1年に数回出かけられるそうです
そんなお話を伺って私も中棚壮さんの大浴場を見てみたい
入浴したいという気持ちが風船のように大きくなっていきました
今回そんな思いを叶えられるチャンスがあっての宿泊です

お宿到着はほぼ予約した時間でした
駐車場はお宿の玄関前を通過して千曲川側にある中棚荘さんのお食事店の横でした
この「はりこ亭」は江戸時代の古民家での国の重要文化財にもなっている建物です
お食事が出来るのっでしたら寄りたかったのですが生憎の臨時定休日で。。
「はりこ亭」の横の駐車場に車をとめてお宿の玄関へ向かいました
駐車場に来たアスファルトの道を上がって玄関に行くのは面白くないと
敷地内の通路を通って玄関へ向かいました

お邪魔する前に出川哲郎さんの電動バイクの旅で宿泊宿を探している時に
中棚荘さんへ来たのですが生憎の満室で断られていました
その時の放送で玄関やフロントの様子がわかっていたので楽しみでした
今回の宿泊は島崎藤村の宿泊された歴史ある建物が良いのか
それとも新しいトイレ付きの建物が良いのか迷いましたが
お値段も手ごろで風合いがある大正館にしました

チェックイン手続きをして館内の説明を簡単に聞いてからお部屋へ案内してもらいました
やはり大正館は雰囲気もあっていいのですが建物は流石ぁ~大変古いです
しかしお部屋に1歩入ると手入れも行き届き綺麗に掃除されていました
渡したたちのお部屋は島崎藤村が宿泊されていたお部屋のお隣の「遊子」です
お隣のお部屋に杣崎藤村が宿泊したと思うと心ウキウキでした
ちょっと覗いてみたりもしちゃいましたよぉ
「遊子」のお部屋も充分の広さですし中々居心地も良かったです

温泉はおばあちゃんに聞いていたとおり大変ウバらしい内湯と露天風呂でお湯も最高でした
源泉かけ流しで湯量も豊富で洗い場の湯も温泉を利用されているようです
内湯に浮いている林檎で遊んだりと楽しみました
24時間利用できる事も嬉しいです
がぁ~お部屋から大浴場までが実に遠い
その上、一旦ほ本館に行きその先の大正館に進み
そこからまた石の外階段をひたすら上がる。。
季節の良い時には苦にならないかもしれないけれど真冬は辛いものがあります
いつもでしたら何回も入浴する私達も思うように入浴できませんでした
残念~

お食事は私達のお部屋の斜め前で最高に楽ちんでした
そしてスタッフの若いお兄さんたちもハンサムで。。
お料理夕食も朝食もどれも満足のいくものでした
そしてボリュームもありました
夕食のお蕎麦は最高 朝食の麦飯でのとろろかけご飯も最高でした
そしてロビーでソフトクリームが食べられる事は幸せでーす(*^^)v

御宿は気に入りましたが大正館からの大浴場行きは死ぬほど大変でしたので
次回は平成館に宿泊して何回も大浴場で入浴したいと思います
島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘さん、お部屋の情報は→こちら
島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘さん、温泉の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by