FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

たんげ温泉美郷館
群馬県吾妻郡中之条町大字上沢渡1521-2
JR吾妻線 中之条駅よりお車にて約25分。
関越・渋川伊香保ICより県道353号線経由、約55分。



浴場は男女別の滝見の湯と大浴場の内湯の瀬音の湯と大露天風呂の月見の湯
それから施錠して入浴できる2種類のの貸切露天風呂の宝泉の湯があります
浴場は男女別の滝見の湯が一番人気の浴場だと思います
チェックイン後には滝の正面にある女湯が大混雑でした


滝見の湯は2箇所あって男女入れ替えになります
滝の一番正面の瀧見の湯(大)はチェックイン後から夜7時までは女湯になります
一番人気のお勧めの浴場が女湯って事は女性を大切にしているお宿だってことがわかります
チェックイン後の暖簾ですが瀧見の湯(小)の暖簾は性別で書かれてあります


夜7時になりましたら瀧見の湯(小)は今度は「おんな」に変わります
どうして「男湯」「女湯」とならないのか不思議です


瀧見の湯の前には湯上り処があります
冷水とお茶の用意があります


その他梅干しもあってこの梅干しは女性に人気のようですよぉ


まずは瀧見の湯(大)のご紹介です


入って2か所の洗面があります
籐の椅子は1つ


男女それぞれに対応できるように両方揃っています


ドライヤー 綿棒 髪ゴム 男性化粧品類 女性化粧品類


脱衣棚に脱衣籠が並びます


懐かしい体重計


女湯だった時間は大混雑で撮影は出来ませんでした
夫の撮影です
その後男湯の時間には外気の影響と
女湯の時間での湯船の湯が出入りで揺れての湯けむりで真っ白です


湯船に浸かりながらライトアップされた滝を見ながらの入浴が出来ます


ゆったり入浴するのには5人ぐらいが良いかもぉ~
女湯の時間にご一緒した奥様と仲良くなって温泉談義でした
その奥さんは秘湯を守る会の温泉に積極的に行かれているようです
何処も素晴らしいお宿だったりお湯だったりですが
好きになって2回、三回と行くと興奮が冷めてまた他のお宿に行きたくなっちゃうのだそうです
ん~~ん、それわかるわかると変な共通点で話が弾みました
夕飯時間まで湯あたりするほど長湯で滝を観ながらのお喋りでした


湯が湯船に流れ込みます


そして湯船から湯があふれ出ています


オーナーさんの遊び心なのでしょうか~
蟹の作品が。。


湯船の木枠に後で張り付けたのか。。
それとも削っての作品か。。
こちらはカエルです


洗い場


洗い場は脱衣所向きに並んであります


シャンプー類


瀧見川のガラスも湯気のせいと湯の成分のせいでくっきりは見えなかった


もう少し早い季節でしたら紅葉の滝を観ながらの入浴が出来たでしょうね


今度は瀧見の湯(小)です
夜7時からチェックアウトまでは女湯になります


洗面は2か所 籐の椅子1つ


コップ 綿棒 髪ゴム


男性、女性化粧品類


脱衣棚に脱衣籠が並びます




温泉分析表 温度が低いので加温しているようです




内湯のみ


滝は斜めに見る感じでの入浴になります
夜7時からの女湯の時間はあまり人気が無かったのでほぼ貸切状態で入浴しながら
ライトアップされた瀧見が出来ました


翌朝の滝です


川のお水が綺麗ですね




カランは4か所


シャンプー類
洗顔、洗髪などはこちら瀧見の湯で済ませる方が良いようです


今度は宴会場の脇を進んで大浴場や大露天風呂と貸切露天風呂へ


案内図


ずーと廊下を進みます


左手に湯上り処があります
湯上り処の右手の階段を上がって行くと木工館があります
木工館は翌朝の決まった時間だけの営業でお土産物の販売や珈琲などの喫茶にもなっています


湯上り処の先は2手に分かれています
右手には男女入れ替えになる瀬音の湯の大浴場内湯と月見の湯の大露天風呂があります
左手には貸切露天風呂の宝泉の湯が石風呂と檜風呂があります


右手一番奥には瀬音の湯があります
チェックインから夜7時までは男湯になります
その後、チェックアウトまでは女湯になります




戸を開けて脱衣所へ


目の前には体重計と身長計があります
レトロな雰囲気です


洗面


ティッシュペーパー 綿棒 髪ゴム


くし 男性化粧品類


女性化粧品類など


脱衣棚 その奥からテラスに出られます


川沿いにテラス席




出入り口に桶と椅子が置かれてあります


ステンドグラスが素敵な大浴場


湯が湯船に流れます




湯船に下のは大きめの石がひかれてあります
湯船の下はずーと石かなぁ~湯が沸いているのかなぁ~と
入浴中に興味を持った私は石を拾ってその下を見ましたらコンクリートになっていました


こちらの湯船口にも亀や。。


かっぱ?や。。


蟹などの彫刻が四方にありました
入浴中に見るのも楽しいなぁ
夕食後の入浴でしたが広々の湯船を貸切状態で入浴が出来ました
そして何よりも驚いたのは入浴中にずっと檜の香りがして。。
贅沢な入浴時間でした


立派な大浴場です
お金かけてるなぁ~と思いました


洗い場




売店で販売されている物です


シャンプー類


次は瀬音の湯手前にある月見風呂の野天風呂です


脱衣所に入ると直ぐに脱衣棚があります


そして直ぐに野天風呂です


温泉分析表




広い露天風呂です


最後の紅葉狩りが出来ました


洗い場はありますが寒くて。。
こちらでは入浴のみです
チェックインから夜7時までは女湯で
その後チェックアウトまでは男湯になります


他の浴場よりも温度が低かったです




のんびり時間をかけての入浴がお勧めです




川の音を聴きながらの入浴です


宝泉の湯 貸切露天風呂


正面には湯上り処がありますが
冷水などの用意が無いのでは殆ど人影を見る事はありませんでした






石風呂と檜風呂の貸切風呂になります
予約は必要ありません


開いていますとなっていましたら
札を裏返して。。


「入浴中」に変えます
退室時には「あいてます」に戻してね


まずは左手の石露天風呂です
戸を開けると直ぐに湯船が見えます
戸の横には脱衣棚があるだけです
中から施錠してね


夫婦2人には広々です


湯船に紅葉が映ります


夫は湯船に揺らぐ紅葉の撮影に拘っていました


夜の様子です


そして左手の貸切の檜露天風呂です


私はこちらの方がお気に入りで何回か利用しました


静かな時間と共に川の水音が心地よかったです




横には瀧見の湯から見える滝が横にあります




夜の様子


お風呂の時間を男女別にそれぞれまとめた表です

瀧見の風呂2か所 大浴場と大露天風呂 貸切露天風呂2か所
これだけの浴場があると1泊ですと入浴に追われちゃいます
だけれどもどの浴場も素晴らしい温泉です


湯上り処に前の階段を上がって行きます






お土産物の販売がされています
木工品のお土産物もありました


珍しい蜂酒などの販売もされています


チェックアウト前に珈琲を飲みたくて行きました
翌朝以外は営業していないのでお宿で珈琲を飲む事は出来ません




珈琲


軽いランチをロイヤルホストで食べました
食いしん坊のサラダセットです


野菜サラダに鶏のから揚げ 海老揚げ 焼きベーコン ゆで卵 
ポテトフライなどが乗っています
アボガドが美味しいよぉ


ガーリックトースト


オニオンスープ


マロンパフェ
ご馳走様でしたm(__)m

長い長い温泉のお話でした
ここまでお付き合い、読んでくれてありがとうございますm(__)m
お茶でも~と言っても出せないんで御免なさいm(__)m
感謝感謝ですm(__)m
たんげ温泉美郷館さん、お部屋の情報は→こちら
たんげ温泉美郷館さん、食事の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村






ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by