FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

旅館 笛吹川
山梨県笛吹市石和町川中島1109
石和温泉
電車:JR中央線石和温泉駅下車、タクシー5分。 
車:中央道 一宮御坂ICより10分



甲府までは自宅からそれほど遠くは無いので
気楽にちょっと時間が出来たら出かける事の出来る場所です
今回も以前から源泉かけ流しの湯が気になっていたお宿の1つ、
旅館 笛吹川さんにお邪魔しました
駐車場は玄関前にあります
お邪魔した日には私達を含め3組だったのでどこでもどうぞぉ~と
言う感じで楽ちん駐車が出来ました
お宿の前には小さな小川が流れています
夜には川の上にはLEDのブルーのネオンが光りここに川がある事がわかります
天の川のイメージもあるようですが
夕食後にちょっとお散歩も苦にならないで楽しめます


こちらのお宿は世代交代で大旦那さんから今の若旦那さんに引き継がれた時に
一部をリニューアルされたようで若旦那さんの若者らしいセンスが感じられます
玄関で履物を脱ぎスリッパに履き替えます
上がり口の1本板が素晴らしい~


皮の椅子が2つ玄関を上がって直ぐに置かれてありました
これは若旦那さんのセンスだろうなぁ


玄関先からフロント、ロビーまで広々でゆったりとしています
茶系でまとめられて都会風?にまとまっています


フロント


こちらではチェックインの手続きをする事はありませんでした
帰りのお会計の時だけでした


売店などはありません
フロントの横にお宿で利用されているお香や石鹸類の販売がされている程度でした


玄関から入ってロビーでも白檀のお香が炊かれてあって心地よかったです


ロビーで簡単な手続きをしたかなぁ?
名前を告げただけだったかなぁ。。バタバタしていたので記憶があいまいですm(__)m
その後大浴場や貸切風呂の説明をしながらお部屋へ案内してくれました


ロビーでは新聞を読んだりと寛げます


玄関を背にロビー先を左に行った所にドアがあってその先には喫煙所があります
少し前までは喫煙が出来たようですが今は全館禁煙になったようです


喫煙所の灰皿もお宝のような気がするけれど。。


その喫煙所の所に唯一の販売機があります


お部屋は玄関書面の戸を開けて先に進みます
屋根はあるのですが中庭を歩くって感じです


飛び石になっていて左手は池や木々が植えられて雰囲気が良いです
左手は後にわかったのですが厨房の様です


厨房側には何種類もの鬼瓦が飾られてありました




大きな岩が所々にあります
それをぬうように通路が出来ていて雰囲気が素晴らしいです
番頭さんのお話ですと大きな岩を移動することなく
それをそのまま利用して通路をつくったそうです


赤絨毯の階段を上がって行くとお部屋ですがその前にラウンジの紹介を~


こちらもリニュアルされたラウンジです
宿泊中にいつでも珈琲やラテなどを飲む事が出来ます


観光本もあったりと気楽に利用できます


冷水


珈琲マシーン


何杯も飲んじゃった。。


ラウンジに飾られてあった版画です
素晴らしくて私。。気にって。。
でもガラスの額で上手く撮影が出来なかった~( ノД`)シクシク…


さてさて。。お部屋へ


その前にお部屋に戻る時も大浴場へ行くのにもロビーへ行くのにも全て
屋根付きの外通路を通って行きます
真冬の時には少し寒いかもしれません


夜の雰囲気です


赤絨毯の階段を上がって直ぐが私達のお部屋になります
少し古さはありますが綺麗に掃除されていました


鍵は1本です
1本は金庫の鍵です


お部屋の内側から撮影です


ドア側からです
左手にお風呂、右手にトイレです


お風呂の入口にはマットが用意されていました


ユニットバスでこちらを利用する事はありませんでした
シャンプー類も石鹸類も何もありません


トイレ


和室12畳


富士山形のお煎餅


お茶セット
仲居さんが入れてくれました


ネット入りの緑茶


テレビ 湯沸かしポット 電話


ストーブの用意もありましたがエアコンのみで利用する事はありませんでした


窓側には椅子とテーブル



温泉街の石和温泉です
景観は温泉宿が立ち並び期待できません


窓側には和ロッカーがあります


下には金庫があります


羽織


浴衣  帯 洋足袋


バスタオル 湯セット ブラシ ドライヤー


湯袋の中には名前入りのタオル 歯ブラシ コットンパフ 綿棒 髪ゴム 女性用セット


洗面にもハンドソープと歯ブラシ用のコップのみです


グラス 栓抜き


冷蔵庫は空です


窓側から撮影です


テーブルが素晴らしいのでクロスなどをどかして撮影しました
番頭さんのお話ですと先代の旦那さんは骨董などがご趣味で沢山の骨董があったようです
それから剥製もね。。
それをすべて処分されてリニューアルされたようです
「ラウンジの一部に骨董の展示場を作られたら良かったのになぁ~」
とお話を伺って思いました
価値観の違い、世代が違うと考えも違うので仕方がありませんね


夕食も朝食も本館のお食事処の個室でした
その間にお布団の用意をしてくれます

温泉は男女別の大浴場がそれぞれ内湯と露天風呂があります
その他にリニューアルされた綺麗な素晴らしい貸切風呂が3か所あります
3か所とも空いていれば自由に利用できます
どのお風呂も雰囲気があって素晴らしく源泉かけ流しの湯を楽しめました
旅館 笛吹川さん、温泉の情報は→こちら
旅館 笛吹川さん、食事の情報は→こちら

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村





ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by