FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

旅館 笛吹川
山梨県笛吹市石和町川中島1109
石和温泉
電車:JR中央線石和温泉駅下車、タクシー5分。 
車:中央道 一宮御坂ICより10分



食事時間はお部屋に案内されてお茶を飲みながら決めました
夕食は18時から 朝食は8時からでお願いしました
夕食も朝食も時間になりましたらお食事処へ参ります
ロビーで仲居さんが待って居てお食事処の個室へと案内してくれます
フロント横を進みます


廊下左手にお食事処の個室が並びます
私達のお部屋は投下突当たりを左に曲がったお部屋でした


時間にあわせて準備してくれてありました


おしながき


席につくとお鍋に着火してくれます


先付け
1つずつ名前を確認しながら楽しみながら食べました


牡蠣のしぐれ煮 河豚の煮凝り サーモンと株の博多
ボラの白子温燻ライム添え 柿バター 里芋の田楽


サーモンと株の博多
サーモンと株がサンドになっています


甲府と言ったらワインでしょぉ~とお勧めのワイン4種を順番に味わいました
どれもフルーティーで最高に美味しかったです
流石ぁ~_甲府です


今年は山梨の2人のワインを作られている個人の人が賞を受賞されて
世界的にも山梨のワインが素晴らしい事を知りました
こちらのワインもフルーティーで甘辛両方とも美味しいワインでした

そんなワインの話から「ご夫婦左利きなんですね」と若いお綺麗な仲居さんに言われました
「よく気が付きましたね」と左ききの話になりました
仲居さんは姉妹で左利きなんだそうでそれで私達の事も気付かれたのでしょうね
「最近ではハサミも包丁も左利きの物が出回っているけれど
子供の頃から右利き用の物を使ってきたので左利きの道具はかえって使いにくいですよ」
などと左利き話で盛り上がりました


お飲み物メニュー




お造り


鮪 真鯛 平貝


鰤大根


大根はとても軟らかくす~とお箸が入ります


あん肝橙酢


酢が強くも無く優しく仕上がっていました


鱈ちり鍋


鱈 白子 白髪葱 春菊 シメジ


白子はふりふりでした
冬はお鍋は身体があたたまり嬉しいですね


ローストビーフ


お肉も柔らかくソースも美味しくて申し分ありませんでした


ご飯 香物 麩と三つ葉の赤だし


デザートは柿と苺と一口チョコケーキ


夕食後にはラウンジで宿泊中に自由に利用できる珈琲マシーンで
珈琲を飲みました


2杯目はラテにしました


昼食も同じ個室です


時間にあわせて準備してくれてあったので
席につくなり朝食です
少ししてからご飯とお味噌汁を運んできてくれました


小松菜のお浸しとしらす ひじき煮 切干大根
烏賊の塩辛 味噌蒟蒻 大根おろしとたらこ


茶碗蒸し


かまぼこ 銀杏 海老 三つ葉など
ふんわり柔らか~ぷるぷる~


焼き鮭 キャラ蕗


ポテトサラダ ブロッコリーとカリフラワー


湯豆腐
生姜とおかかの器にだし醤油で自分好みで湯豆腐を食べました


海苔
関西では味付け海苔で関東では焼き海苔だそうです
最近まで知りませんでした


ご飯 海苔と麩の信州味噌


お櫃でご飯の用意をしてくれました


香物は大女将が漬けたのかなぁ


パイナップル
ご馳走様でしたm(__)m

家族経営のようでチェックインや夕食の時には娘さん達が接客をしてくれましたが
朝食の時には大女将さんが接客をしてくれました

旅館 笛吹川さん、私なりのまとめ
笛吹川さんのかけ流しのお風呂がすっと気になっていて
いつかお邪魔したいなぁ~と思っていました
やっとこさぁ~念願が叶いました
甲府には自宅からそれほど遠くも無いので気楽に出かける事が出来ます
この日も午前中の用事を済ませてから出かけたのですが
予約したチェックイン時間に余裕で到着する事が出来ました
フロントもロビーもそれからお部屋の一部もリニューアルされたようで
玄関から綺麗に今風の雰囲気あるお宿でした

玄関で履物を脱ぎロビーを通り過ぎて館内の説明などを聞きながらお部屋へ案内してもらいました
私達のお部屋はリニューアルされてない以前のお部屋でしたが
リニューアル前には一番新しいお部屋だったようです
本館から一旦中庭の通路を通ってお部屋へ参ります
お部屋はお宿の丁度真ん中って位置で食事の時にも大浴場へ行くのにも便利でした
ラウンジ横から階段を上がって2階のお部屋ですが
12畳の和室でトイレ、洗面、お風呂もあって
少しクロスの汚れが気になる所もありましたが使い勝手は良い部屋でした

温泉は大浴場が男女別で内湯と露天風呂があります
男女の入れ替えはありませんがほぼ同じような浴場です
源泉かけ流しで綿ごみのような湯の花が内湯に多く見られ少し驚きましたが
いい湯であるあかしの様で嬉しかったです
後は3か所の無料の貸切風呂があって空いていれば自由に施錠して利用できます
3か所それぞれ雰囲気の違う貸切風呂で大変綺麗な貸切風呂でした
これだけの源泉かけ流しのお風呂が楽しめる事は温泉好きな私達には嬉しい事です
申し分無しです
しかし宿泊した日が宿泊者が少ない日だったので満室でしたらどうなのでしょうか~

お部屋の階段下にあるラウンジは宿泊中にセルフで珈琲やラテなどが自由に飲む事が出来ます
朝夕食後共に何回も利用させていただきました
湯上り処としてもホッと出来る場所でもありました

食事はお食事処の個室です
リニュアル前のお部屋を利用されているように思いました
夫婦2人でのんびりと自分たちのペースでお料理を楽しむことが出来ました
お料理もあれこれと工夫されていて美味しかったです

お宿の方々も皆さん親切で居心地も良かったです
先代から仕えている番頭さんとお話をする機会がありました
常に気になる所を清掃されていました
以前ははく製や骨董類も多くあったようですが
リニューアルされたお宿の雰囲気に合わないと言う事で処分されたようです
ラウンジの一部で展示室を設けていたら
骨董に興味がある方々を楽しませることが出来たでしょうね
それから大きな岩がお宿のあちらこちらにありますが
これもきっと何処からか運んだものだと思われます
以前は広い庭園があったのでしょうか~
貸切風呂を建設にあたって大きな岩を移動するのに
今は使われていない?プールの横に移動するのも大変だったようです
時代と共にお宿も変わって行くようです

温泉、お料理、お部屋の事を考えるとコスパ良しで大満足でした
お部屋はリニューアルされたお部屋で無くても私達は満足でした
また是非お邪魔したいと思います
旅館 笛吹川さん、お部屋の情報は→こちら
旅館 笛吹川さん、温泉の情報は→こちら



ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by