FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-


強羅花扇 早雲閣
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300ー492
強羅温泉
小田原厚木道路・箱根口I.C.から約10km



お食事処はお宿の1階と2階にありますが
どういう風にお食事処の利用を分けているのかは不明です
私達のお食事処はお部屋並びにあるので大変便利で楽ちんでした
お食事処の前には大きなお皿が置かれてあります


黄緑の場所がお食事処です
黄緑の星印が入口になります


こちらのお食事処のお部屋を3つに衝立で仕切ってありました
私達を含めて3組は同じ仲居さんが接客をしていました
私達のスタートは夕食は18時でお願いしました


通路側の壁には立派な赤富士が描かれてありました


素晴らしい!


おしながきが夫婦それぞれにフルネームで書かれてあるので夫婦の席は決まってしまいます
どうして~かなぁ?と思いましたがチェックインの時に宿泊者全ての名前を記帳します
それでかぁ~と納得です


下準備はされていましたが席につくなり1品目のお料理が目の前に。。


食前酒


サーモン寿し 蟹菊花真丈 紫芋飴煮 蓮根酢味噌漬 
ブロッコリー黄味酒盗掛け


柿と海老と銀杏のクリームチーズ白和え クコの実


蛸小倉煮 辛子


口当たりのよいフルーティーなワインを選んでもらいました


お飲物のおしながき








蕪霙仕立て


鱈 雲子 占地(シメジ) つる菜 柚子
雲子(くもこ・Kumoko)は、
鱈(たら)の白子(精巣)のこと。
主に京都などで用いられている呼称で、色が白く
「雲」を想起させるその見た目から「雲子」とよばれるようになったという。
「雲腸」とも。そのほか、「菊腸」「菊子」「キク」「だだみ」「タチ」
「タツ」「タヅ」など、白子は地域によって様々な呼び名で呼ばれている。



ぷりぷりの鱈です


勘八 鮪 烏賊
器を観るのも楽しみの一つです


烏賊の処理が丁寧で高齢者も食べやすいようになっています


粕仕立て


鰤 大根 近衛蒟蒻 厚揚げ 椎茸 九条葱
粕のおかげで身体の芯からぽかぽかになれます


飛騨牛陶板焼き


霜降りの飛騨牛
エリンギ ズッキーニ 南瓜 


鉄板でジュージューと焼かれる音は美味しいよぉとでも言っているようで。。


あっという間に良い色に焼けました
ジューシーで大変柔らかい甘みのある牛肉でした
塩とレモンを絞ってさっぱりと味わいました


鰆西京焼き


粟麩味噌田楽 海老芋から揚げ パブリカ酢漬け 揚げインゲン デトロイト


茶碗蒸し


蟹身 湯葉 柚子
ふんわりと優しい茶碗蒸しです


ご飯と生海苔の赤だし 香物


手作りフレーク
ご飯が進みます


メロンと葡萄


朝食は8時でお願いしました
時間になりましたら夕食と同じ席へ参ります
朝は障子が開けられていて食事しながら遅い紅葉狩りが出来ました


まずはお茶とおしぼりが用意されました


胃を元気に動かすために梅干しから食べました
胃酸が出てきたかなぁ


担当の仲居さんが次から次へとテキパキとテーブルにお料理を並べていきます
あっという間に↑のようになりました


野菜サラダ
野菜の鮮度は最高よぉ


厚揚げ葱味噌焼き


焼き鮭


たらこ 板わさ


温泉卵
硬くも無く 柔らかくも無くふんわりと凄い上手に出来た温泉卵です


がんも煮


割ってみましたら具沢山の美味しそうながんもです


焼き海苔
関東は焼き海苔 関西は味付け海苔とは本当でしょうか~?


キラキラ光っている炊き立てのご飯でした
麩 わかめの白味噌汁


フルーツ盛り キューイ パイン 柿


その後1階のロビーラウンジに行きますと珈琲の用意をしてくれます
夕食も朝食も味付けも良く美味しく味わえました
ご馳走様でしたm(__)m

強羅花扇 早雲閣さん、私なりのまとめ
強羅花扇 早雲閣さんの大浴場も気になっていたので今回宿泊が出来て嬉しかったです
こちらのお宿は早雲山駅から直ぐなのでご年配の方々や
海外の旅行者は自家用車よりも箱根登山鉄道を利用されてのお客様が多いようでした
それから最近箱根は海外のお客様に大人気の様で私達が宿泊した日にも
多くの海外の個人旅行のお客様が宿泊されていました
しかもマナーが良い方が多い様で静かに過ごす事が出来ました
館内は畳の廊下になっているのでスリッパの使用が無く歩きやすかったです

お部屋は箱根山々の風景や大文字が見えるお部屋で大変綺麗に掃除されていました
窓側には丸い炬燵があったりと過ごしやすいお部屋でした
バス、トイレ、洗面がついていて使い勝手も良かったです
電気なども無駄がないように人を感知すると自動でつくという
合理的な電気を利用されていました
大浴場が素晴らしかったのでお部屋でのお風呂の使用はありません




湯上りラウンジ
冷水の用意があります




温泉は撮影禁止だったので写真は1枚もありません
2階のお食事処の先から大浴場へ行きますが
お部屋からはタオル類を持って行く必要が無かったので手ぶらで大浴場へ行かれます
そんな事もあって苦労なく何回も入浴出来ました
男女それぞれ内湯と露天風呂があって熱湯とぬる湯があります
源泉かけ流しの湯は時間で吹くように湯船に流れ込むので
入浴しながらそれを見ているのも楽しかったです
最初の女湯の方は内湯が2つになっていていました
広々とした湯船でした
男湯の方は露天風呂が雰囲気もあって素晴らしいお風呂でした
翌朝に男女それぞれ入れ替えがあって両方のお風呂を楽しむことが出来ます
お邪魔した日には満室の様でしたが海外の方々は私達の様に温泉が1番の目的ではないのか
夕食前は込み合いましたがその後は貸切状態で何回も入浴する事が出来ました

夕食はお食事処で食材も中々良くお料理も丁寧に作られていると思いました
年々歳をとり食べる量も控えめになってきたので
最後まで食べきる事が出来なくて申し訳ないと思います
担当の仲居さんのお料理の説明もはきはきとしていてわかりやすく
質問すると即答えてくれました
それとは別に個人的なお話も出来たので楽しい食事にもなりました

早雲閣さん、ネットの評価も高くて何処が良かったのかぁ~と考えると
まずはチェックインから最高の接客だと思いました
宿泊中に気持ちよく自分達の時間を大切に過ごす事が出来ました
また季節を変えてお邪魔したいと思います
強羅花扇 早雲閣さん、お部屋の情報は→こちら



ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m

スポンサーサイト
Posted by