FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

湯河原温泉 川堰苑いすゞホテル
足柄下郡湯河原温泉・泉266
湯河原温泉
JR東海道線湯河原駅下車、タクシー5分



八王子に私用で出かけてそれが済んだのが午後1時頃でした
その後急いで湯河原に向けて車を進めました
お宿に到着したのは3時過ぎでした
駐車場はお宿の建物に沿うように道路沿いにあります
こちらの駐車場は満車になった時には第二駐車場があるようですが
この日は雨天だったのでなんとかお宿前に駐車出来てホッとしちゃいました
お宿のスタッフの若い方に名前を告げて
それから車から荷物を運んでもらってチェックインです


お宿の1階玄関は本当にフロントと玄関のみって感じで
玄関で履物を脱ぎ館内専用のスリッパに履き替えたと思ったら
あらよあらよと言う内にお部屋への案内になりました
バタバタだったのでフロントでチェックインをしたのかはあれぇ~と言う状態でした


1階からエレベーターに乗り4階へ
4階の長い鰻のような廊下をずーとずーと歩いて行きました
そして今度は4階のエレベーターから5階へ上がりました
5階のエレベーターを降りたら直ぐが私達の利用した501号室でした
5階にはお部屋は3部屋だけでしたので大変静かでした


5階には貸切露天風呂が3つ
男女別の大浴場は1階下の4階にあります
浴場は近くにあるし食事はお部屋食でしたので
館内を歩き回るような事はありませんでした
なのでかえっていつもより館内を見て回る事もありませんでした


お部屋の鍵は1本


お部屋玄関


右手にトイレ
正面は洗面とお風呂
左手はお部屋です


トイレは少し変形でした
川沿いに建つお宿で後ろには山があり
狭い土地を利用してのお宿なので鰻の寝床のように長細くなってしまう理由がわかります
狭い土地を利用して上手に建てたものだなぁ~と感心しました


だからって訳では無いけれど洗面所も少し変形ですが
利用するのには何ら問題はありませんでした




大変シンプルな洗面です


ドライヤー 髭剃り くし シャワーキャップ ブラシ コットンパフ 綿棒
女性化粧品類 ハンドソープ


男性、女性化粧品類 ティッシュペーパー


お風呂の入口にはタオル干しと脱衣籠があります


檜風呂


洗い場 シャワー


シャンプー類


3畳の小部屋がありその先に15畳の和室があります


本間に行く途中に冷蔵庫などがあります
グラス 栓抜き お箸 お皿


冷蔵庫内には有料の飲物がぎっしりです


価格表
お支払いは自己申告でチェックアウトの時に~




お部屋玄関側出入口横にはめ込むようにテレビがありました


お部屋に案内してくれたスタッフのお姉さんは案内だけで
その後お部屋担当の仲居さんが挨拶にいらしてお茶とお菓子の用意をしてくれました
そこで1回無料の貸切露天風呂の予約を取りました


湯河原名物 きび餅
湯河原温泉繁華街にはいくつものきび餅店が並びます


テレビ横に和クローゼットがあります




羽織 浴衣 帯


バスタオル タオル 湯袋 歯ブラシ


床の間横には電話があります


湯沸かしポット お盆 お茶セット


お茶セット


緑茶


4畳半ほどの応接間と2畳の化粧室


鏡台がありいます


こちらは山側になります


眼下を見ますと大浴場に入浴後に気が付いたのですが大浴場の露天風呂の屋根が見えました


窓からの景色は木々に覆われています
雨釣りだったので緑が綺麗でした


翌朝。。お猿さんの親子が遊びに来ました


お母さん。。何故舌を出すのぉ(笑)


子供猿はやんちゃさんで時々母猿に叱られていました
人間も猿も同じだなぁ~と微笑ましく楽しませてもらいました




夕食はお部屋食でその後に担当のお布団引きのお兄さんがいらして引いてくれました


その時にお夜食にとお稲荷さんを置かれて行かれました

大浴場も4階で階段で降りても直ぐだったので何回も利用しました
それから食事もお部屋でしたのでお部屋からあまり出歩く事も無く
のんびりと過ごしました
湯河原温泉 川堰苑いすゞホテルさん、温泉の情報は→こちら
湯河原温泉 川堰苑いすゞホテルさん、食事の情報は→こちら



ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト
Posted by