FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

森の湯 ハミングバ-ド
栃木県日光市湯西川1193
湯西川温泉
電車:東武会津鬼怒川線「湯西川温泉駅」下車 
路線バス約20分「湯西川温泉」より徒歩2分 
※送迎あり



お宿の前の道は田舎道~時々車が通過する程度の道です
しかし。。この道の先には冬にはかまくら祭りで賑やかな場所へとつながっています


お隣にはこんな看板が。。
お宿の裏には小さな川が流れています
若旦那さんのお話ですと昔は大きな川だったようで。。
ダムが決壊してから小さな川になってしまったそうです
以前は立派な岩魚やヤマメが釣れたそうですが
最近では小さめの魚しか釣れないようですが
遊漁券の販売がされていました


お宿の前は広い駐車スペース?になっています
駐車は何処でもOKですが建物に近い方が荷物を運ぶのにも楽なので
玄関近くに駐車しました
それから自販機は館内にありません
駐車場の自販機を利用します


それなりに種類はあるようですが
夜は真っ暗になって怖いので購入される方は早めに購入することをお勧めいたします


玄関先には山つつじがいくつも開花していました


駐車場の車から荷物を持参してお宿玄関へ向かいます


玄関中から撮影です


フロントは左側です
「ごめんください」と声をかけましたら女将さんが出てきてくれました
とても気さくで話好きな物知りの女将さんで
チェックインの手続きをするときから話ぱなしでした


玄関を挟んで反対側にはお食事処があります


フローリングの床にテーブル席が並びます


女将さんの手作りの梅酒などの果樹酒です


玄関前はこんな感じです
館内の案内図は無いので写真だけで位置関係がわかってもらえればいいのですが。。


ロビーは憩いの場所です
観光案内本やパンフレット、新聞などが置かれてあります


チェックインの時に女性は浴衣が選べます
それ程種類があるわけではないけれど
こういうのって少し嬉しいですね


ボードに宿泊の案内が簡単に書かれてあります


そしてロビーで自由にセルフで利用できる飲物があります
宿泊中はいつでもOKです


チョコレートや飴などお菓子も置かれてあります
子供だけじゃなく大人も自由に食べる事が出来ます


飲物は珈琲と紅茶、緑茶です


私は食後と湯上りに利用しました


そして女将さんのお勧めの地元の美味しいお水に輪切りレモンを入れたものです
湯上りには最高でした


さぁ~お部屋へご案内です
館内は段差があるので気を付けてください
わかるよに注意書きがありますが転んだりしたら大変です


私達のお部屋にはお食事処と厨房の真ん中の廊下を進みます


お隣の建物につながっています
角の所には共同の冷蔵庫があります
名前を書いて利用します


玄関から曲がって一番奥のお部屋が私達のお部屋です
角部屋です


田舎風のお宿ですが私は綺麗にお掃除されているのでしたら問題ないです


入って左側は洗面です
アメニティー類などはありません
ご自分の物をご持参ください


ハンドソープ


そして反対側にはトイレです


お部屋無いから入口側を撮影です


お部屋には案内されたとき以外はお宿の方は入室しません


お布団は引かれてあります


温泉に入ってごろぉ~~~~んと出来ることは幸せですね


そして角部屋でお隣などには建物が無いので窓は開けっぱなしでした
鶯が良い声で鳴いてくれます


裏は大きな高い山がそびえています
そして川が流れています
遊漁券を購入して岩魚やヤマメの釣りが出来ます


こちらの大蕗は青森のお客さんが持ってきてくれたそうです
しっかりと根づいて増えているそうです


和室の奥側は広縁で椅子とテーブル座布団も置かれてあります


暖房機 タオルかけ




窓からは新緑が見えます
動物が現れたら楽しいのになぁ


テレビは小さかったです


和ロッカーには浴衣などが。。




バスタオル 色違いのタオル 歯ブラシ


浴衣 女性の浴衣はロビーで選びました 帯


羽織


ロビーには岩魚やヤマメの白剥製が置かれてありました
若旦那さんはネイチャーガイドをされていらして魚や釣りのお話をしてくれました
楽しかったなぁ~


お邪魔した日には私達の他に若いご夫婦と4カ月の赤ちゃんでした
その赤ちゃんはとても静かで居るのかなぁ~?と思われるほどでした
貸切風呂が2か所と男女別の浴場があります
何回も入浴してお布団にごろぉ~ん
のんびりと出来ました
森の湯 ハミングバ-ドさん、温泉の情報は→こちら
森の湯 ハミングバ-ドさん、お食事と感想は→こちら






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト



Posted by