FC2ブログ

ゆぅゆぅ2010

ゆぅゆぅ2010

-

旅館 笛吹川
山梨県笛吹市石和町川中島1109
石和温泉
電車:JR中央線石和温泉駅下車、タクシー5分。 
車:中央道 一宮御坂ICより10分  



チェックインの時に予約した18時にロビーへ参ります
係りの方がお食事処の個室へと案内してくれます
お食事処はロビー横の廊下を進みます
玄関側に和室の個室が並びます
私達の個室は一番ロビー側でした


席につきますと時間にあわせていくつかのお料理が並びます


おしながきです


唐黍豆腐(もろこしとうふ)


2つに割ってみると唐黍のつぶつぶが見えます


青梅水晶 青梅のゼリーになっていました


鮎の干し物 顔まで食べられる様ですが顔は怖くて残してしまいました


じゅんさい美味出汁
じゅんさいは小さめの物で良い品でした
つる~んと飲めちゃいました


蛸柔か煮 蛸が大好きな私はもっと食べたかったです


海そうめん


粘りもとろみもあってのど越しが良かったです


飲物リスト






前回最高に美味しいと思ったワインが品切れで諦めてあるもので我慢しました
生ビールは湯上りには美味しいですよね


お造り 鮪 アオリイカ 真鯛


すずきの酒焼き 谷中生姜 もろ味噌


青菜の下に鱸がある湯だけれど気が付きませんでした
周りには揚げた南瓜があって甘かったです
生姜はもろ味噌をつけて食べました
酒の肴気分で食べました


青菜をどかしましたら鱸が現れました
そしてその下にはマッシュポテトが隠れてありました
青菜と鱸とマッシュポテトを共に味わるとこれまた美味しかったです


うな蒸し鼈甲餡かけ


私は穴子は大好きですが鰻は苦手です
夫は同じような物だと言いますが私から言えば同じものでは無いです


滑らかな茶碗蒸しですが夫が2人分食べました


ワイン牛ローストビーフ
伏見唐辛子 エシャロットたまり漬け


ワインを絞った葡萄を餌に混ぜて育てた牛のだそうです
なのでとても香りが良く柔らかい牛肉になるのだそうです


板長さんの手作りのあっさりとしたたれをかけて食べました


初鰹たたき ポン酢ジュレかけ


程よい仕上がりの鰹のたたきです


ポン酢タイプのジュレなのであっさりしていて食べやすかったです


ご飯は武川米です 麩と三つ葉の赤だし 香物


デザートです


杏子蜜 メロン 葡萄、、季節が季節なので外国からの物だそうです キューイ


朝食も同じ個室でした


時間にお部屋に行きますと↑が。。
ボタンを押しましたら女将さんが現れました
そして温かいお料理やご飯やお味噌汁の用意をしてくれました


これで全て用意が出来ました


待っている間にお茶を飲みました


ほうじ茶でした


ご飯はお櫃で用意してくれます


焼き鮭 ラッキョウ赤紫蘇包み


ポテトサラダ


しらすおろし


板わさ


塩から 味噌椎茸煮 生たらこ


冷ややっこ


ゼンマイ揚げの豆腐和え


春菊の白和え


若芽と葱のお味噌汁


西瓜


夕食と朝食後は大浴場へ行く途中のラウンジでセルフのコーギーを飲みました


ご馳走様でしたm(__)m

旅館 笛吹川さん、私なりのまとめ
今回で2回目の宿泊です
前回の印象が良かったので季節を変えてまたお邪魔する事にしました
お部屋は前回よりも少しお高いお部屋にしました
本館2階のリノベーションされた綺麗なお部屋です
料金も前回のお部屋よりも少しだけお高いけれど
綺麗な上にベットルームもあったりと大満足できました

温泉は前回と変わらず源泉かけ流しの湯は最高です
貸切の3つの温泉もそれぞれ雰囲気も違いいい湯です
大浴場も何回も入浴しましたがいつも貸切状態で利用できました

お料理は前回と季節も違うのでそれなりに楽しめました
和室の個室での食事は嬉しいです

今回も満足いく宿泊になりました
甲府は自宅からもそれほど遠くなく
時間が出来た時にちょっとと行かれる場所でもあります
笛吹川さんもそれほど多くのお部屋数では無いので
静かに温泉宿を楽しむことが出来ます
またお邪魔したいお宿の1軒です
旅館 笛吹川さん、お部屋の情報は→こちら
旅館 笛吹川さん、前回のお部屋の情報は→こちら
旅館 笛吹川さん温泉の情報は→こちら





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ご覧下さってありがとうございます
バーナーをクリックしてくださったら今後の励みになります
宜しくお願いしますm(__)m
いい加減んな私です 誤字脱字をお許しください
旅のお役に立てたのなら幸いですm(__)m
スポンサーサイト



Posted by